「監督の頭に銃口を向けた」北アイルランド代表FWが衝撃の泥酔エピソードを告白「みんなで飲んでて…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月05日

お抱えのガードマンと共に…

北アイルランド代表のエースであるラファーティーが、酔いの席でやらかしてしまった過去を告白した。 (C) Getty Images

画像を見る

 衝撃のエピソードが明かされた。

 現地時間7月3日、英紙『The Sun』によれば、北アイルランド代表FWのカイル・ラファーティーが、遡ること4年前にフランスで開催されたEURO2016後に代表指揮官に銃口を突き付けたというのだ。

 一体何があったのか――。ラファーティー本人が英サッカー専門メディア『Open Goal』のビデオインタビューで告白している。

 EURO初出場の北アイルランドが、決勝トーナメント進出を果たす大健闘を見せた本大会終了後に行なわれた祝勝会で、騒動が起きたという。10番を背負っていたエースは、こう証言した。

「決勝トーナメント1回戦のウェールズ戦の後、俺たちは開放的になっていた。そこでいつも一緒に行動していた3人のガードマンを含めて一緒に飲みに行くことにしたんだ。チームの全員でね。

 そして、飲み始めてからしばらくして、ガードマンたちとも打ち解けていた頃、彼らが『10分ぐらい待っててくれ。すぐに戻る』って言ってどっか行ったんだよ。俺らは新しいビールを買いに行ったんだろうと思っていた。そして、しばらくして彼らは、本物の銃を持ってきたんだ」
 
 さらにラファーティーは、「もちろん銃弾は装填されていないし、言っておくけど、彼らは良い奴らさ。それだけは誤解しないでほしい」と説明したうえで、話を続けた。

「少し酔っていた俺は銃を借りた。そしてナイトゴーグルも付けて、まるでランボーのように振る舞って監督の傍に行って、『おい、ボス。あんた、俺をウクライナ戦(グループリーグ第2節)から外したことを後悔してるか?』と、彼の頭に銃口を向けたんだよ」

 無礼講の席とはいえ、あまりに度が過ぎた行動である。ラファーティーも、「思い出すと少し恥ずかしい。大事な試合で外されたことを根に持っているのは、人間らしいと言えばらしいのかもしれないけど……。とにかくあれはやり過ぎた」と反省を口にした。

 一方の、北アイルランドのマイケル・オニール監督も行き過ぎたジョークを大目に見たようだ。自身が今年4月に退任するまで、その“事件”の後もラファーティーを招集し続けたのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ