【情報を武器に! 気になるギョーカイ最前線】 遺伝子分析 × 栄養プログラム「ユアプロ」とは?

カテゴリ:PR

高校サッカーダイジェスト編集部

2020年07月02日

遺伝子検査を価値あるものに。正しい活用法を皆に伝えたい

プロフィール◆長峯 誠(ながみね まこと)
2017年遺伝子情報の本質的価値に気づき、 2018年5月株式会社キーマインを創業。 個々人の遺伝子情報をもとにした管理栄養士による食事・栄養カウンセリングサービス(ユアプロ)を開発。一生変わることのない遺伝子情報を「知る」で終わらせることなく「活かす」情報へと昇華させる 「食育」を題材に、スポーツ団体や学校などで精力的に講演活動を行なっている。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 遺伝子検査をもとに食事や栄養のアドバイスが受けられるサービス〝ユアプロ〞。鈴木武蔵選手や畠山槙之輔選手など一流プレーヤーが利用しており、昨年、日本フットサル連盟でもオフィシャルで採用されることになった。どんな内容なの? 難しくはないの? 素朴な疑問を生みの親、株式会社キーマインの長峯誠氏にぶつけてみた。
(サッカーダイジェスト7月9日号 別冊付録 「高校サッカー逸材300選」より転載)

 

――調べてみると遺伝子検査キットを販売している会社は日本にたくさんありますね。いまや遺伝子検査はメジャーなものなのでしょうか?

「6~7年前、美容業界を中心に検査がブームになりました。3つの肥満遺伝子というのがあって、あなたはどのタイプ? という感じで」
 
――女性に人気が出そうですね。

「その通りで、エステやジムで広まり、市場も大きいので、すぐに大手さんも参入してきました。ただ結果としては、一時期に流行した動物占いみたいなものでしたね」
 
――ブームで終わってしまったと?
 
「検査結果のレポートを見て、自分はこういう体質なんだ、これ食べたら太るのか、なるほど……。それで終わりです。ある程度に行きわたると下火になっていきました。
 そのころ、私もエステティシャンやトレーナー、ダイエットカウンセラーから依頼を受けて遺伝子検査キットの仲介をしていたので、空気みたいなものは感じていました」

 
――そのような状況で、なぜ遺伝子検査を用いたビジネスをすることになったのでしょうか。

「お客さんが満足しているのか、疑問を持つようになって、実際に自分で検査を受けてみました。その結果をもとに、栄養士にアドバイスを受けて、ダイエットに挑戦したのです。そしたら3週間で4キロ落ち、3か月で8キロ落ちました。運動をしたわけではなく、食事を変えただけです。体質を理解しているので2年以上経ってもリバウンドしません」
 
――自身の身体で、遺伝子分析の効果を実感したわけですね。

「流行り廃りで終わらせるのはもったいないな、と。遺伝子情報の正しい活用法を広めて、リテラシーを上げることが必要だと思い、ちょうど2年前、分社化してこの事業に本腰を入れました。遺伝子分析結果をもとに、食事などをカウンセリングする"ユアプロ"のスタートです」
 
――ダイエット業界の方が、ビジネスはやりやすかったと思うのですが、さらにスポーツ業界まで広げることになったのはなぜですか?
 
「スポーツ先進国の欧州では、すでにその分野で活用されていました。トップチームはもちろん、渡欧歴のある指導者の話ですと、名門クラブの下部組織では10歳で遺伝子検査をして、それに合わせて食事の取り方やトレーニングも変更しているようです。日本でも、いわきFCが遺伝子情報をもとにしたトレーニングや食事を行なって、身体を強化していると話題になりましたよね」
 
――そもそもの話ですが、遺伝子検査でどんなことが分かるのですか?

「筋繊維が瞬発系か、持久系か。筋肉が落ちやすいタイプか、落ちにくいかタイプか。筋損傷を起こしやすい人、ストレスを感じやすい人かどうか、なども分かります」
 
――その情報はずっと変わらないわけですよね? 知ってしまうと、自分には才能がないと思ってしまう人が出てきてしまうのでは?

「まったく違います。遺伝子情報イコール才能ではありません。筋肉が瞬発系でない選手が、100メートルで9秒台を出すのは難しいだろう、といったレベルの話。とくにサッカーは、ポジションやスタイルによって求められる能力も違うわけですから、強いところを伸ばして、弱いところを補えばよいのです。
 名前は出せませんが、トップアスリートの中にも疲れがとれづらい、脂肪がつきやすい、ケガをしやすい、という一見スポーツに適さないと思われる先天体質の選手もいました。遺伝子の話の流れで、こう言っては少し期待外れかもしれませんが、食事でもトレーニングでも大切なのは、日々の努力の積み重ねなのです」

――遺伝子検査の結果は、重要ではないということですか?

「結果が掲載されたレポートはただの紙切れでしかありません。重要なのはその活かし方。ですから、ユアプロでは栄養士が食事・栄養のアドバイスをするサービスの中で遺伝子情報を活用することにしました。
 体質に合わせたアドバイスをすることで本人が納得して取組むことができます。それによってパフォーマンスの向上だけでなく、ケガのリスクを軽減でき、結果、キャリアも長くなる。ユアプロでカウンセリングを受けているJリーガーも皆が、そのことを実感してくれています。もっと早くこのサービスを知りたかった、と残念がっていますよ」
【関連記事】
【情報を武器に! 気になるギョーカイ最前線】 サッカー界のトレンド「GPS機器」 。その可能性は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ