「気分を悪く…」グリエーズマンが古巣戦で屈辱の“後半AT投入”! 非情采配の指揮官は「謝罪はしない」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月01日

過密スケジュールによるローテーションではない

古巣アトレティコ戦で、わずか4分間のプレーに終わったグリエーズマン。(C)Getty Images

画像を見る

 まさかの選手起用が話題となっている。

 現地時間6月30日に開催されたラ・リーガ第33節で、首位のレアル・マドリーを2ポイント差で追う2位のバルセロナが、3位のアトレティコ・マドリーと対戦。ニ度に渡ってリードを奪ったものの、2本のPKで追い付かれ、手痛いドローに終わった。

 古巣との一戦で、人一倍モチベーションが高いはずだったバルサのアントワーヌ・グリエーズマンは、まさかのスタメン落ち。3日前のセルタ戦に続いてのベンチスタートで、過密スケジュールによるローテーションではなく、戦術的な理由であるのは明らかだった。

 そのフランス代表FWに出番が与えられたのは、なんと後半アディショナルタイムに入ってから。勝ち越し点が欲しかった展開でここまで出番が回ってこなかったのは、屈辱以外の何ものでもないだろう。
 
 試合後、バルサのキケ・セティエン監督は、この非情とも言える采配について、こう説明した。スペイン紙『El Pais』などが伝えている。

「グリエーズマンの状態は良かったが、全員がプレーできるわけではない。(この起用の仕方は)論理的ではなかったかもしれないが、出さないよりはよかった」

 そして、「彼が気分を悪くしているであろうことは理解している」としながらも、「彼とは明日話すが、謝罪はしない」とコメントしている。

 セルタ戦後には選手とコーチの口論が報じられ、キケ・セティエン監督の解任も取り沙汰されるなど、ゴタゴタが続いているバルセロナ。このまま宿敵にリーグタイトルを明け渡してしまうのだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ