「シウバ&カマダが最高」「なんてテクだよ!」鎌田大地が“4人抜き”でアシストした得点がブンデス31節のベストゴールに!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月19日

第31節のベストゴールに

地元サポーターからもそのパフォーマンスが注目されている鎌田。(C)Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガ公式は、毎節ごとに「トップ5」ゴールを選出している。現地時間6月18日には、第31節のそれが公開された。

 5位はマインツ戦で振り向きざまに決めたアウクスブルクのフロリアン・ニーダーレヒナーのシュート、4位にはヴォルフスブルク戦でフライブルクのルーカス・ヘーラーで奪ったゴールが入った。

 トップ3は、3位にフランクフルト戦で決めたクシシュトフ・ピオンテクのゴール、2位にはデュッセルドルフ戦で途中出場ながらのアーリング・ハーランドが叩き込んだ一撃がセレクトされている。

 そして堂々の1位に選出されたのが、ヘルタ・ベルリン戦でフランクフルトのアンドレ・シウバがヒールで流し込んだゴールだ。

 このゴールをお膳立てしたのが、日本代表MFの鎌田大地だ。エリア手前でドリブルで仕掛けると、4人を次々にかわして切れ込み、中央のA・シウバにパスを通してファインゴールを演出した。

 公式アカウントにトップ5のゴール集がアップされると、サポーターからはスコアラーではない鎌田を称える声も上がっている。

「A・シウバ&ダイチ・カマダが最高」
「なんてテクだよ!」
「誰が見てもシウバのゴールがベストだ。カマダの組み立てが素晴らしい」
「サムライ・カマダのファンタスティックな仕事!」
「カマダのフットワークとシウバの反応が…何度見てもいい」
「A・シウバのゴールが大好き。だけどもっと好きなのがそのアシストだ!」
「カマダの“メッシ・フォーム”が大のお気に入りだ」

 第32節のシャルケ戦でもA・シウバのゴールをお膳立てするなど、フランクフルトの背番号15は好調を維持している。

 次節のアウェー戦、ケルンとの試合は累積警告のために出場できないが、ここまで公式戦の記録は10ゴール・9アシスト。最終節のパーダーボルン戦で二桁ゴール&アシストを達成できるかに注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「ゴール前での最大の脅威」フランクフルト鎌田大地を現地紙が絶賛! 2試合連続アシストで勝利に貢献
「ユウヤが美容院に行かなければ…」大迫勇也を指揮官が高評価!現地記者は「ひとりだけ本物だった」
香川真司がファンも驚く流暢なスペイン語を披露!「すごいじゃないか!」「偉大なハポネス」と大絶賛!
「クボの生意気なプレーに世界が感動」久保建英の華麗な“股抜きパス”に現地感嘆!「他に抜け道はなかった」
「完全に我を失った」「醜い行為」“韓国の至宝”がS・ラモスを3度蹴り飛ばす愚行!今季2回目のレッドに現地辛辣!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ