「序盤は素晴らしいパフォーマンスを見せたが…」ブレーメン大迫勇也、日本人対決での現地メディアの評価は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年06月05日

鎌田との日本代表FW対決は…

先発した大迫だが、得点という形での貢献は叶わなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間6月3日、新型コロナウイルスの影響で延期されていたブンデスリーガ第24節ブレーメン対フランクフルトが行なわれ、0-3でアウェーチームが勝利を収めている。

 この試合ではブレーメンから大迫勇也、フランクフルトから長谷部誠、鎌田大地が先発出場し、日本人対決が実現した。長谷部はこの試合でブンデス308試合出場を達成し、元韓国代表チャ・ボングン氏の持つアジア人の最多出場記録に並んでいる。

 ドイツ専門誌『kicker』の採点で、日本人選手中最も高く評価されたのは36歳のベテラン。長谷部には「3.5」がつけられ、鎌田はチーム最低となる「5」だった。一方、76分交代の大迫は「4.5」となっている。(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

 また、ブレーメンの現地メディア『nordbuzz』の採点では、大迫は「4」と評価され、「ボロボロの出来だったラシチャとともに先発し、序盤は素晴らしいパフォーマンスを見せた。しかし、彼は試合の途中から消え、相手の前で目立つシーンが無くなっていった」とやや厳しめに評されている。

 大迫は今季、19年11月23日に行なわれたシャルケ戦以降、得点を奪うことができていない。次節はヴォルフスブルクとのホーム戦となるが、現在残留争いを余儀なくされているチームにおいて、勝利に貢献する奮起が期待される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「まさか並ばれるとは…」長谷部誠の“アジア最多308試合”に韓国メディアも脱帽!「偉業だ」
「ハセベの前で、相手チームは何もできない」地元紙が長谷部誠が統率するフランクフルト守備陣を高評価!
「僕はマークを巻いてるだけ」南アでの大抜擢!長谷部誠が難局で見せた振る舞いとは?【日本代表キャプテンの系譜】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ