「ハセベの前で、相手チームは何もできない」地元紙が長谷部誠が統率するフランクフルト守備陣を高評価!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月31日

36歳ベテランの奮闘を称賛

前節から3バックの中央で先発起用されている長谷部。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月30日にブンデスリーガ第29節が行なわれ、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトはヴォルフスブルクと対戦し、2-1で勝利。リーグ戦では7試合ぶりの白星を挙げている。

 フランクフルトは27分にアンドレ・シウバ、1-1で迎えた85分に鎌田がゴールを挙げ、劇的に勝点3を奪った。現地紙『Frankfurter Rundschau』は、「白星を期待されていたわけではなく、望外の勝利だ」とチームの健闘を称えている。

 また、同紙の番記者を務めるヴォン・デュストラワイツ氏は、スコアラーふたりよりも、守備ブロックを構成した3人を高く評価している。GKのケビン・トラップ、右CBのダビド・アブラアム、そして中央で3バックを統率した長谷部誠だ。

 アブラアムは「彼が戻ってきたことでチームに軸ができた」、トラップは「何本もの得点チャンスを防いだ」と称賛。そして長谷部については、このように綴った。

「彼はピッチの上で何が起こるかを知り、試合をデザインする選手である。守備のリーダーとして重要な場面で危機を読み、デュエルにも勝利した。非常によくやった。背が数センチ小さくとも、ハセベの前で相手のチームは何もできない」

 フランクフルトは、前節から中央に長谷部を据える3バックに戻したことが奏功。チームの調子は上向き、7試合ぶりの白星で暫定12位に浮上した。

 フランクフルトは次節、現地時間6月3日に大迫勇也が所属するブレーメンと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ