「まるでチームを代表する選手」吉田麻也が3バック導入でスタメン入りへ!地元紙が報じた残留のカギは?

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年06月03日

公式戦出場は1試合のみだがクラブの評価は高い

吉田はサンプドリアで真価を発揮できるか。 (C)Getty Images

画像を見る

 イタリアサッカー界は、6月13日のコッパ・イタリア準決勝第2レグからシーズンを再開させる。セリエAは20日から再開。まずは未消化分の第25節が行われる。

 吉田麻也が所属するサンプドリアは、6月21日のインテル戦でシーズン再開となる。そのビッグマッチに向けて、チームは新たなシステムを準備しているようだ。

 イタリア・メディアによると、クラウディオ・ラニエリ監督は中断期間中に3バックへの移行を決めたという。吉田、同じく冬に加入したロレンツォ・トネッリ、そしてオマール・コリーの3バックだ。

 本拠地ジェノバの地元紙『Il Secolo XIX』は6月2日、その3人にとって残りのシーズンは将来がかかっていると報じた。コリーは他クラブからの関心があり、吉田とトネッリはレンタル加入だからだ。

 サウサンプトンから移籍した吉田について、同紙は今後が「デリケートな状況」と伝えた。「吉田が出場し続けるためには、ピッチでそれを勝ち取らなければならない。そのためには、試合に出て納得させるしかない」と指摘している。

 また、『Il Secolo XIX』紙は、吉田がプレミアリーグのクラブに所属していただけに、サンプドリアにとってそのサラリーが高額であることも報道。一方で、加入直後から環境に溶け込んでいることも強調した。

「彼は高いプロ意識やピッチで良いところを見せてきただけでなく、病院へのマスク寄付、方言を使った動画、隔離中の全選手へのスピニングバイク提案と、まるでチームを代表する人間かのような取り組みができる」

 最後に、同紙は「つまるところ、クラブは彼を残すことを検討している。もちろん、パフォーマンスとサラリー要求がそれを許さなければならないが」と、クラブが吉田と契約を更新する可能性があるとしつつ、その条件は再開後のパフォーマンスと金銭条件次第と締めくくった。

 新型コロナウイルスの影響もあり、イタリアでまだ1試合にしか出場していない吉田。ラニエリが3バック移行を決めたことが、日本代表DFのサンプドリアでのキャリアにどう影響するのか注目だ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ