「間違った決断」「何もしなかった」絶好機にパス選択で“屈辱交代”の大迫勇也に現地メディアが辛辣評価!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月31日

88分に追加点のチャンスを迎えたが…

守備では奮闘した大迫だったが、攻撃では見せ場を作れなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月30日に開催されたブンデスリーガ第29節で、17位のブレーメンは9位のシャルケとアウェーで対戦。32分にレオナルド・ビッテンコートが鮮やかな左足のシュートで奪った1点を守り切り、2試合ぶりの勝利を飾った。

 この試合で、そのビッテンコートに代わって、後半頭からピッチに立ったのが大迫勇也だ。トップ下に入った日本代表FWは、アグレッシブな守備では貢献したものの、厳しいチャージを受けるなど、攻撃面では見せ場を作れず。

 88分にはGKと1対1となるビッグチャンスを迎えながら、シュートを打たずにパスを選択。この絶好機を逃した後に、まさかの交代を強いられた。

 屈辱的とも言える途中出場・途中交代の大迫に、現地メディアも厳しい評価を下している。
 
 ブレーメン専門サイト『Deichstube』は、マッチレポートの中で、「今日の日本人はうまくいっていない。彼のボールの受け方はブンデスリーガで戦う準備ができていない」と酷評。逸機の場面についても、厳しい指摘をしている。

「大迫は間違った決断をした。GKと1対1になったが、自分でトライしようとしなかった。そのパスもダフィ・クラーセンがまったく追い付けないものだった。試合を終わらせるチャンスだったのに、何もしなかった」

 ブレーメンは現地6月3日に開催される第30節で、鎌田大地と長谷部誠を擁するフランクフルトと対戦する。2戦連発と波に乗っている後輩・鎌田の前で、日本のエースが意地を見せられるか。要注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「なぜシュートしない?」大迫勇也がビッグチャンスを逃したシーンはこちらから
​​​​​
【大迫勇也PHOTO】「半端ないって!」高校時代から現在までの厳選フォトをお届け! 2009~2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ