「お前は終わりだ。もういらない」元マンU守護神がファーガソン監督の逆鱗に触れた過去を告白!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年05月02日

「またやらかしたら終わりだぞ」と叱責された2週間後に…

件のサンダーランド戦で失点した際のフォスター。この試合以降、バックアッパーに逆戻りしてしまった。(C) Getty Images

画像を見る

 ワトフォードの守護神ベン・フォスターが元イングランド代表ピーター・クラウチのポッドキャストでマンチェスター・ユナイテッド時代を振り返っている。

 イングランド代表経験もあるベテランは、「第2GKだったので、始めはうまくスタートできた。でも、それから不安定なプレーをしてしまった」と語り、正守護神のエドウィン・ファン・デルサルの故障でチャンスが回ってきた際、サー・アレックス・ファーガソン監督から叱責された過去を明かしている。

「ひとつめのゲームは、試合終了間際にマイケル・オーウェンがゴールを挙げて、4-3でユナイテッドが勝ったマンチェスター・ダービーだった(2009年9月)。試合が終わり、みんなで騒いでいる時に、監督がやって来て、皆を黙らせて、僕に怒ったんだ。『おいおい、そこまでしなくても』と思ったね。『お前、またやらかしたら終わりだぞ』と叱られたよ」

 だが、カッとなりやすく、“ヘアドライヤー”の異名を取る名将の逆鱗に触れたのは、この時だけではなかった。幸いその後もスタメンで起用されたが、2週間後のサンダーランド戦でまたやらかしてしまったという。
 
「ケンワイン・ジョーンズはとても身体が強く、競り合いに負けて、ヘッドを決められてしまったんだ。パトリス・エブラの劇的なゴールで追いつき、雄叫びを上げたんだけど、それどころではなかった」

 試合後、フォスターはファーガソン監督から2~3分に渡る説教を受け、「お前は終わりだ。もういらない。控えに降格だ」と辛辣な言葉を浴びたという。

 このサンダーランド戦以降、フォスターがゴールマウスを守ったのはたった2試合。シーズン終了後にチームを去ったのだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ