長友佑都が元同僚の中から“天才パサー”トップ3・海外編を選出!悩んだ末に1位に選んだ名手は…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月28日

「悪童と呼ばれているけど…」

イスタンブールで待機生活を送っている長友が最新「YouTube動画」を公開した。(C)Getty Images

画像を見る

 今月16日に「YouTubeチャンネル」を開設したガラタサライの長友佑都が、先日の「“天才パサー”トップ5・日本代表編」に続いて、「“天才パサー”トップ3・海外編」を公開した。

 これまで、イタリアのチェゼーナとインテル、トルコのガラタサライと約10年に渡って海外でプレーしてきた日本代表DFが、一緒にプレーしたことがある同僚の中から、「この選手やばかった」という天才的パサー3人をチョイスした。

 3位は、アルゼンチン代表MFのエバル・バネガ(現セビージャ)。インテルで1シーズンだけチームメイトだった司令塔について、「まずボールを取られない。練習でも取れなかった。後ろに目が付いているみたい」とそのキープ力を称賛。パスに関しても、「めちゃくちゃセンスがあって、味方が受けやすいパスを足下なり、裏なりに出しくれる」と称えた。

 「1位と2位は悩む。同じレベル」と迷った挙句、2位としたのが、元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノだ。
 
“問題児”のイメージが強いが、インテル時代に長友と親しかったことで知られるテクニシャンを「プロフェッショナルではない」「ジムにいるところは見たことがない」といじりつつも、「天才にも程がある。ありえない」とベタ褒め。「左サイドで僕の前にいることが多かったんですけど、キープ力が凄くて時間を作ってくれるし、『見てたの?』というタイミングでパスを出してくれる。本当にやりやすかった」と当時の連係を懐かしんだ。

「悪童と呼ばれてるけど、純粋でいい奴だし、親友ですね。もう一回サッカーをしたいなと心から思える選手」とその内面も明かしている。

 そして、1位に輝いたのが元オランダ代表MFのヴェスレイ・スナイデルだ。インテル時代に「いつも一緒にいて、いたずらばかりされた」という盟友について、「オムライスの卵のようなふわっとした優しいパスをくれる」と日本代表編の遠藤保仁(ガンバ大阪)と同じ例えで絶賛。「常にゴールに繋がるボールをくれる」とそのプレービジョンも称えた。また、パスセンスだけでなくシュート力も、「バズーカのよう」と褒めちぎっている。

 いずれもインテル時代のチームメイトを挙げたベテランSB。この名手たちとともにプレーしていたという事実だけでも、その充実したキャリアが窺い知れるというものだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】知られざるエピソードも満載!長友佑都が元チームメイトの“天才パサー”3傑について語り尽くす!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ