史上初! バルセロナが本拠地の命名権を売却! それでも「カンプ・ノウ」の名は消えない!?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月22日

1年限定。収益金はすべて新型コロナ対策に寄付へ

サッカー界の世界遺産であるカンプ・ノウ。はたしてどのスポンサーが命名権を落札するのか。(C)Getty Images

画像を見る

 ラ・リーガ1部のバルセロナは現地4月21日に声明を発表し、本拠地カンプ・ノウの命名権(ネーミングライツ)を売却することを明かした。

 もちろん、1957年の開場以来初となる試みだ。クラブはバルサ財団に命名権売却の権利を譲渡したうえで、ひとまずは2020-21シーズンの1年間のみ出資するスポンサーを募集するという。そして契約から得る収益金はすべて、新型コロナウイルス感染症の治療やワクチン開発などの支援のため、関係各所に寄付することを決定した。

 バルセロナは「スタジアムは世界的なパンデミックと闘うあらゆるプロジェクトのために活用されるだろう。FCバルセロナとバルサ財団はこの人類未曽有の危機に際して、なにが必要かを熟考した」と文面で伝え、ジョルディ・カルドネル副会長は「あくまで例外的な処置だ。迅速に経済的貢献を果たさなければならないと決断した」と語る。

 
 はたして欧州最大9万9000のキャパシティーを誇る殿堂にはいったいいくらの値がつくのだろうか。なおクラブは命名権を購入するスポンサー側に「カンプ・ノウ」の名を残すように依頼するという。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ