「いい雰囲気」「現役時代より絞れてる」中田英寿氏が投稿した“職人芸”にファン反応!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月14日

伝統的な竹細工に挑戦

先日、立教大学の客員教授に就任することが発表された中田氏。(C)Getty Images

画像を見る

 日本を初のワールドカップ出場に導き、セリエAのペルージャやローマ、パルマなどでプレーした中田英寿氏。2006年に現役を引退した後は、様々な事にチャレンジしながら、2015年に「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立し、日本酒を初めとした日本文化の本格的なPR活動に乗り出している

 そんな中田氏は4月13日に自身のインスタグラムを更新。「世界が認める四代目田辺竹雲斎のバンブーアート!」として、真剣な眼差しで竹細工を行なっている写真を投稿した。

 四代目・田辺竹雲斎は、大阪府堺市出身の46歳。代々の伝統技術を受け継ぎながら竹の工芸品を世界に発信しているアーティストだ。
 
 この投稿にファンからは、以下のようなコメントが寄せられた。

「カッコイイ」
「真剣な顔。難しそう…」
「バンブーアート素敵ですね」
「現役時代より絞れてる気がする」
「職人さんのようだ」
「鍛えられている筋肉。いつも素晴らしい」
「すごい。何でも出来る!」
「チャレンジ精神旺盛ですね」
「何が出来るかな?」
「つくづく絵になる方ですね」
「インスピレーションを与えてくれる」
「いい雰囲気」
「ヒデさんの作品是非アップしてください」

 日本文化に触れ、その良さを発信し続けている“ヒデ”。真剣な眼差しで作り上げたのはどんな作品だったのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 
【関連記事】
「イケすぎてやばい」「さすがの肉体美」中田英寿氏が投稿した短パン姿&超高級セダンとの2ショットが大反響!
「CM思い出します」「やっぱカッコいい」ゾノ&ヒデが再結成!前園真聖氏の投稿した写真にファン大興奮
カズ、ラモス、ヒデ、ゾノ…遠藤保仁が英紙で独特すぎる「歴代日本代表ベスト11」を披露!
「歴代W杯・アジア選手ベスト11」に日本勢から3名選出! ヒデ、ホンダ、そして意外にも…
「なんてタッチだ!」「接着剤塗ってるの?」ウクライナの俊英が披露した小野伸二級の“神トラップ”が350万回再生の大反響!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ