ブンデスリーガは5月9日に再開か? バイエルンCEOが「今シーズンを続けるふたつの理由」を語る

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月10日

「政府の青信号を待っている」

ブンデス再開を支持すると発言したルンメニゲCEO。(C) Getty Images

画像を見る

 ドイツ・ブンデスリーガは、新型コロナウイルスの影響で公式戦が中断を余儀なくされている。

 しかし、PCR検査や2週間の隔離をパスした選手たちは、少しずつ動き始めているようだ。今週からバイエルンやブレーメンなどの複数のクラブが、トレーニングを再開している。

 クラブハウスや練習施設の殺菌等を済ませたうえで通気性を確保するなど厳密な条件下、かつ練習は少人数のグループで行なわれ、対人プレーなど接触するようなプレーは取り入れられていない。

 そんななか、現地時間4月8日、ブンデスリーガのクリスチャン・サイフェルト会長が1部と2部リーグについて、「5月初旬に再開し、6月中の終了を目指す計画を立てている」と発表。無観客試合を行ない、シーズンを完遂する方針を示した。

 さらに翌9日、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOがイタリア紙『Corriere dello Sport』の取材に応じ、「ブンデスリーガはふたつの理由で今シーズンを再開する」とコメントしたと報じられた。

 ルンメニゲCEOは「ひとつめは、スポーツというルールに則って、優勝と欧州カップへの参戦権、降格するクラブを決める必要がある」とコメント。ふたつめは、「経済面での重要性」だと語った。

「ひとつの理由に比べればやや弱いが、収益が必要だ。試合を放送するテレビの放映権は、クラブの収益に大きな影響を与える。今はテレビ局と条件について交渉している最中で、リーグ再開はクラブの収益を確保できる状況にしたいからだ。メインのSky Sportsとはリーグマネージャーが交渉を続けている」

 そして、リーグ再開への準備は各クラブで整いつつあることを説明したうえで、政府の許可を待っている状態だと説明した。

「我々は政府からの青信号を待っている。我々には規律を守る文化がある、それは強みだ」

 現時点で5月9日再開が有力な説として取り沙汰されているが、政府の許可が下りたタイミングで日程調整が行なわれるという。ドイツの動向に、ヨーロッパのフットボール界が注目している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
堂安律ら日本人6人がプレーするエールディビジ、6月19日からシーズン再開か? 地元メディアが一斉報道
「彼らは誤った行動に気づいた」ベルギー・リーグのシーズン打ち切りに撤回の可能性? UEFA会長が明かす
Jリーグ中断期間がさらに延長…5月末までの公式戦123試合の延期が決定。5月30日以降の試合開催は未定
三好康児、森岡亮太はEL出場が認められない? ベルギー・リーグ打ち切りにUEFA会長が来季欧州カップ戦出場権に言及「リスクを負う」
レバンドフスキやロイスの戦線復帰は? 欧州5大リーグの主なケガ人情報【セリエA/ブンデス/リーグ・アン編】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ