浦和が2週間のチーム活動休止を発表。「すっきりした気持ちで再開を」「クラブの決断に感謝」興梠&宇賀神がファンに呼びかけ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月04日

Jリーグ再開のスケジュールは白紙に

チーム在籍11年の宇賀神(左)と在籍8年の興梠(右)。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 4月3日にリーグ再開のスケジュールを白紙に戻すことを発表したJリーグ。翌4日には関西圏や首都圏のチームを中心に活動自粛を発表するクラブが続々と出てきた。

 浦和レッズは4日、クラブの公式ホームページで、4月5日から18日までの期間、大原サッカー場でのチーム活動休止を発表。クラブを通じて、所属する興梠慎三と宇賀神友弥がコメントを発表している。

 興梠は、「沖縄トレーニングキャンプから体を作ってきてこれから試合、という状況まで体を追い込んできた中で長期の休止は、次の試合に向けた準備としてはすごく難しいです。だからといって、中途半端に外に出て体を動かしたりすることも違うと思っています。みなさんにもできるだけ家にいて、家でできることをするということを勧めたいです。新型コロナウイルスの問題は一人ひとりが真剣に向き合わないと終わらないことだと思います」

 さらに、「僕は新型コロナウイルスが出始めたころよりも、今の方が危機感があります。たとえば先日、志村けんさんがお亡くなりになってしまいました。僕は志村けんさんのことが大好きでしたから、そういうスーパースターが亡くなってしまうような状況は本当に怖いと思います」と心境を吐露した。
 
 ファンに向けては、「ファン・サポーターの方々も浦和レッズの試合を早く見たいと思っているでしょうし、僕らも早く見せたいと思っています」と語り、再開に向けては、「時間がかかってしまうかもしれません。少しでも不安がある状況ではなく、すっきりした気持ちで再開を迎えたいです。不安を抱えず、ファン・サポーターのみなさんが楽しめる状況になることを願っています」と呼びかけた。

 宇賀神は、「今日より浦和レッズの活動は2週間、休止になりました。今回のクラブの決断にとても感謝しています。大切な人を守るために一人ひとりがもう一度、責任を持った行動を取るよう心掛けてください。サッカー、そして浦和レッズがない生活はとても退屈だと思いますが、みんなでこの危機的状況を乗りきりましょう。みなさんにまた会える日を楽しみにしています」と思いを込めた。

 選手たちが呼びかけたように、まずはできることをしながら、現在の”コロナ禍”が収束に向かうのを待つばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「勝利のルーティンだったね!」槙野智章が元同僚と絡んだ貴重映像を投稿!浦和レジェンドからも「懐かしい」
「上手すぎ!」「何者?」浦和のレオナルドが投稿したパス動画にファン驚愕!本人顔負けの技術を披露したのは…
「歌がうまい」「元気出ます」槙野智章が日本代表のとっておき動画を公開! 乾貴士、長友佑都と“熱唱”
「相変わらず天才」「簡単にやってみせてるけど…」小野伸二がチャレンジ動画の新作を投稿!「天晴」と今回もファン大反響
「えぐい!」「合成にしか見えん」小野伸二が披露した“鬼ピタ”トラップをファン大絶賛!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ