「大きな問題だった…」C・ロナウドのマンU電撃退団は天気のせいだった!? 当時を知るG・ネビルが告白

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年04月04日

選手間では周知の事実だったC・ロナウドのマンU退団

ユナイテッドの絶対的エースだったC・ロナウドがマドリーへ移籍していった理由を元同僚が語った。 (C) Getty Images

画像を見る

 まさにエポックメーキングな移籍だった。

 今から11年前の夏、当時、マンチェスター・ユナイテッドの絶対的エースとして君臨していたポルトガル代表FWのクリスチアーノ・ロナウドは、9400万ユーロ(約123億円)で、レアル・マドリーへ移籍した。

 移籍金も巨額さもさることながら、何よりもユナイテッドで約6年の時を過ごしたカリスマスターが、銀河系軍団を作り上げようとしていた当時のマドリーに電撃入団したこと、大きな話題となった。

 では当時、C・ロナウドを突き動かしたのは、何だったのか? その当時を知る元ユナイテッドのガリー・ネビルが舞台裏を明かしている。

 歯に衣着せぬ発言で人気を博す解説者となったG・ネビルは、英衛星放送『Sky Sports』で、「C・ロナウドはクラブの望みに反して出て行ってしまった」と語りつつも、選手間では退団が周知の事実だったことを語った。

「2008年のチャンピオンズ・リーグ決勝後のインタビューで、ロナウドは移籍の事実をほのめかしていた。だから誰もが心の準備はできていた。翌年に彼は行ってしまうんだとね」

 その時、ユナイテッドのチームキャプテンも務めていたG・ネビルは、「ロナウドには大きな問題があった」とも口にしている。

「明らかに、彼はいつかレアル・マドリーでラ・リーガを戦おうとしていた。おそらくだが、天気がロナウドにとって大きな問題だったんだと思う。彼は間違いなくスペインに住みたがっていたし、リーガでやりたがっていた」

 さらにG・ネビルは、こうも続けている。

「私が思うに、あの時のユナイテッドから出て行く人間の主な理由は、契約切れか、年齢による限界が来たか、監督から何かしらを言われたかのどれかだったと思う。それ以外は、ほとんどの場合が残りたがっていた。それは明らかなことだ。

 監督から残って欲しいと言われた選手の99パーセントは留まり続けたんだ。だから、ロナウドのようにクラブの想いに反して出て行ったのは、1パーセントほどに過ぎないんだ」

 アレックス・ファーガソン政権下で、黄金期を築いていた当時のユナイテッドですらも、スペインでの挑戦を求めるカリスマの想いは引き留められなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ