【新潟】主力の流出は田中亜土夢のみ。4人の新戦力を加えて「タイトル獲得」へリスタート

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年01月17日

柳下監督「新潟に合った選手たち。課題を補ってくれる」

今季も目標は高く、「なにかしらのタイトル」と「ACL出場権獲得」だ。左から前野、山崎、柳下監督、川浪、平松。

画像を見る

 新潟の新体制会見が1月17日、新潟市の新潟県民会館で行なわれた。新加入のDF前野貴徳、FW山崎亮平、GK川浪吾郎、FW平松宗の4選手と、新任の茶野隆行コーチ、柳下監督らが出席した。
 
 柳下正明監督は力強く今季の抱負を述べた。「昨年12位のチームがなにを言うかと思われるかもしれないが」と前置きした後、「なにかひとつタイトルを獲って、ACLに出場できるようにしたい」。その鍵を握る4人の新戦力について「新潟のサッカーに合った選手たち。課題を補ってくれる」と期待をかけた。
 
 新潟は昨季、ACL出場とタイトル獲得という目標を達成できなかった。その要因が、決定力不足。ハイプレッシャーと局面でのショートパスを組み合わせた戦術は浸透したが、結果にはつながらなかった。それを解消するための補強が、今季のテーマのひとつだった。
 
 攻撃の起爆剤として期待される山崎は昨季、磐田で8得点。柳下監督が磐田の指揮官だった時代に頭角を現わしてきた選手だ。本人は今季の目標を「ふた桁得点を目指したい」と話し、「ペナルティエリア周辺で、相手の嫌がるプレーをする」と柳下監督も持ち味を評価している。
 
 鹿島から加入した左SB前野は、昨季途中にドイツ・ホッフェンハイムに移籍したキム・ジンスに代わる役割を期待される。キム・ジンスの移籍後、左SBは固定できなかっただけに、「積極的な攻撃参加が武器です」というアグレッシブなプレーに期待だ。
 
 徳島から移籍の川浪吾郎、新潟U-18出身で国士舘大学から新加入のルーキー平松は、ともに試合出場が目標。川浪は「試合に出て勝利に貢献したい」、平松も「試合で得点を決めたい」と意欲を見せる。
 
 例年、主力の流出が続いていた新潟だが、今季の流出は海外移籍の意向を表明した田中亜土夢のみ。レギュラークラスはほぼ残留した。戦力の大幅ダウンはなく、チーム作りがスムーズになる。「(シーズンの)スタートから良い状態で臨める。亜土夢は攻守のスイッチ役。抜けたのは痛いが、カバーする補強ができたし、若手も育っている」と指揮官は自信を見せた「タイトル」に向けてのリスタートは19日の練習で始まる。
 
【Jリーグ新体制】J1・J2全40クラブをチェック!

 
Pos. No. 名前
 
GK
黒河貴矢
21 守田達弥
22 川浪吾郎
 
 
 DF
 
 
 
大野和成
大井健太郎
舞行龍ジェームズ
前野貴徳
17 ソン・ジュフン
24 川口尚紀
26 酒井高聖
27 松原 健
MF 小林裕紀
レオ・シルバ
13 加藤 大
18 成岡 翔
23 山本康裕
25 小泉 慶

FW
山崎亮平
10 ラファエル・シルバ
11 指宿洋史
14 田中達也
19 鈴木武蔵
34 平松 宗
【関連記事】
【広島】王座奪還を目指す4年目の森保体制が始動
【札幌加入会見】稲本潤一の背番号が「17」に決定!!
【栃木】松村や阪野ら10人を加えて、25人の少数精鋭で挑む
【鳥栖】新体制発表から見る『Next Stage』への『挑戦』
【アジアカップ】本田圭佑、三度の“直撃”も「あと3、4回ビッグチャンスを作れるように」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ