【TM結果一覧】仲川輝人、オナイウ阿道らが得点!横浜は午前と午後でダブルヘッダー。磐田はJFL王者に勝利

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月14日

J3の鹿児島はJFLの宮崎に大敗

ACLのシドニーFC戦では揃って2得点ずつを挙げた、仲川輝人(左)とオナイウ阿道(右)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 4月3日まで中断期間が延長したJリーグ。3月14日、リーグ再開に向けて、各地でトレーニングマッチが行なわれた。

 横浜F・マリノスは午前と午後で2試合を行なった。

 午前中は、東京ヴェルディと45分×2で対戦。1本目は、13分に松原健、34分にエリキ、42分に仲川輝人の得点で3点を先行する。45分に東京Vの若狭大志に得点を許すが、3-1とリードして終了。2本目は、先に山下諒也に得点を許す展開ながら、オナイウ阿道の得点で1-1とした。トータルスコアでは4-2と東京Vに快勝した。

 午後は、水戸ホーリーホックと45分×2で対戦。水戸の村田航一と中山仁人に得点を決められた横浜は、練習生が1点を返すもののトータルスコア1-2で敗戦となった。
 
 J2のジュビロ磐田は、JFL4連覇中のHonda FCと対戦。新加入のブラジル人FWルリーニャと、キャプテンのDF大井健太郎がゴールを決め、トータルスコア2-1で勝利を収めた。

 今季からJ3を戦う鹿児島ユナイテッドは、JFLのテゲバジャーロ宮崎と45分×3で対戦。1本目は0-0で引き分けるが、2本目を0-1、3本目に0-4と失点を重ね、トータルスコア0-5の大敗となった。

 本日行われた主なTMの結果は以下の通り。

横浜4-2東京V
横浜1-2水戸
磐田2-1Honda FC
鹿児島0-5宮崎

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【横浜】“再延期”決定にチームの現状は? リーグ再開に向けた取り組みは?
【横浜】「責任ある立場だと思うので」リーグ再開に向けた扇原貴宏の妥協なき振る舞い
「素晴らしい」ジュビロ磐田がマスク5,000枚を寄付!「ありがたいです」とファンからも感謝の声
【横浜】「ファン・サポーターと一緒に乗り越えたい」リーグ再開に向けた扇原貴宏の想い
「最強に可愛い!」「厳しい天使」長友佑都が公開した2歳愛息との“ハード自主トレ”にファン反響!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ