リバプール、悲願のプレミアリーグ制覇へマジック「2」! 最短で優勝が決まるのは?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月09日

次節を待たずに優勝が決まる可能性も

キャプテンのヘンダーソン(14番)らを中心に結束し、ライバルをなぎ倒してきたリバプール。いよいよ歓喜の瞬間が訪れようとしている。 (C) Getty Images

画像を見る

 レッズを愛する人々が待ち望んだ瞬間が迫っている。

 現地時間3月7日に行なわれたプレミアリーグ第29節で、リバプールはボーンマスに2-1で辛勝。これによって89-90シーズン以来30年ぶりとなるトップリーグ制覇へのマジックを「3」とした。

 さらに、翌日に開催されたマンチェスター・ダービーで、2位につけるシティがユナイテッドに0-2で敗戦。これでシティとの差は25ポイントに広がり、リバプールは残り6ポイントを積み上げれば悲願のリーグタイトルを獲得できる状態となった。

 では、最短で優勝が決まるのはいつなのか? 

 現在勝点「57」のシティが、プレミアリーグ残り10試合で全勝したとした場合、彼らの勝点は「87」。そのため、リバプールは、16日のエバートン戦(第30節/アウェー)と、21日のクリスタル・パレス戦(第31節/ホーム)で連勝すれば、文句なしにプレミア初制覇を決められる。

 ただ、エバートン戦を前に優勝が決まる可能性もある。シティが11日のアーセナル戦(第28節延期分)、14日のバーンリー戦(第30節)とホームで連敗した場合、14日にも戴冠が確定する。

 また、シティがアーセナルとバーンリー戦で1分け1敗の場合は、16日に敵地グディソン・パークで開催される「マージーサイド・ダービー」に勝利すれば、“宿敵”の眼前でタイトルを手に出来る。

 怒涛の勢いで首位を独走してきたリバプール。喉から手が出るほどに欲していたタイトルを手にする時が、いよいよ間近に迫っている――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ