• トップ
  • ニュース一覧
  • 「主審から守られてなかったクボを…」マジョルカのベテランMFが久保建英を“かばって”退場に! 一体何が?

「主審から守られてなかったクボを…」マジョルカのベテランMFが久保建英を“かばって”退場に! 一体何が?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年03月02日

「マジョルカの魂に火をつけた」シーンとは?

ヘタフェのハードマークに苦しんだ久保のために、マジョルカの仲間が怒りを露わにした。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間3月1日に行なわれたラ・リーガ第26節、マジョルカが本拠地ソン・モイスにヘタフェを迎えた一戦で、珍しいシーンが起きた。

 0-1とマジョルカがビハインドを負っていた試合終了間際の90分、ヘタフェがティモルとオゲネカロ・エテボを交代させた時だった。主審のマリオ・メレーロ・ロペスはマジョルカベンチの前へと駆け出し、サルバ・セビージャに2枚の警告を突き付けて退場処分、さらに指揮官のビセンテ・モレーノも退席させたのだ。

 途中交代でベンチに下がっていた選手の退場という異例の事態はなぜ起きたのか? スペイン・メディア『Fichajes』によれば、セビージャは、久保建英をかばおうと思って退場したのだという。

 この試合で、日本代表MFはリーガ屈指の強度を誇るヘタフェに厳しくマークされた。とりわけ対峙したエテボからは、アフターチャージも厭わないほど執拗なチェックを受け、88分に接触プレーがあった際には、久保が指を突き立てて不満を露わにするなど、険悪なムードが漂っていた。

 そんなエテボがベンチに下がったタイミングで、主審に食って掛かったことでセビージャと指揮官は“退場”となったのだ。

 地元紙『Diario de Mallorca』は、「サルバ・セビージャの価値ある怒り」と見出しをつけた記事のなかで問題のシーンをこう振り返っている。

「明らかなファウルをされているにもかかわらず、主審から守られていなかったクボを助けるべく、ソン・モイスのピッチに立っていなかったベテランは退場となった。直前のプレーでエテボのマークを受け、転倒した日本人MFは、故意ではなく手でボールに触れ、主審がそれをハンドとしたのだ。それがマジョルカベンチの魂に火をつけたのである」

 ただ、退席処分を命じられた指揮官は冷静だった。試合後の記者会見で、次のようにコメントしている。

「間違っていたとは思わない。全てのレフェリーが最善を尽くしていると思う。だが、彼らが正しい時もあれば、間違っている時もある。それは我々にも言えることだね。お互いのことを理解しなければならない。ただ、ああいうプレーがあった後では静かにしていることは難しいし、2枚目のイエローは厳しいものだったよ」

 ヘタフェに敗れ、依然として降格圏の18位に沈んでいるマジョルカ。故障が相次ぐなか、次節は経験豊富なベテランMFを出場停止で欠くことになってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「彼は才能に満ち溢れている」マジョルカ加入の元韓国代表MFキ・ソンヨンが“新同僚”久保建英を絶賛!
「左を切ってくるだろうと…」久保建英の右足同点弾を生んだ冷静な判断「監督からは――」
「クボが47231人の観衆を黙らせる」「強烈なショット」1G1Aの久保建英をスペイン紙が称賛!
「私だったらボコボコにしている」名手デ・ヘアの“信じがたい失点”を元ユナイテッドの闘将が辛辣批判!
「マドリーは最悪だった」「怒っている」クラシコに敗れたピケが悔しさを露わ…“舌戦相手”S・ラモスの見解は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ