リーグ王者が痛恨の黒星スタート。敵のハイプレスに手を焼き「ミスもいつもより多かった」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2020年02月23日

相手を剥がすシーンもあったが「その回数が少なかった」

後半に1点差に詰め寄るも、反撃もそこまで。昨季MVPの仲川も相手の組織的な守備を崩せずノーゴールに終わった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第1節]横浜1-2G大阪/2月23日/日産ス

 前半だけで2失点。猛攻を仕掛けた後半に1点を返した横浜だが、反撃もそこまで。G大阪をホームに迎えた開幕戦で、痛恨の黒星スタートとなった。

 序盤からハイプレスを仕掛けてきた相手に対し、前半は劣勢を強いられ、ポゼッションも思うようにはいかなかった。ボランチの扇原貴宏は振り返る。

「前半は相手のプレスがどんどん前から来ていたし、自分たちのミスもいつもより多かった。(プレスを)抜けた時は落ち着いてボールを回せていたけど、その回数が少なかった」

 ACLのグループステージ2節のシドニーFC戦から中3日。少なからず疲れはあったのかもしれない。扇原は「距離感だったり、サポートの早さだったり、全体的にいつもより重たいなとは感じました」と語る一方、「全部が全部、悪いプレーではなかった。ビルドアップで相手を剥がすシーンもあった」と収穫も口にする。

 ただ、その回数が少なく、G大阪にリズムを与えてしまったようだ。しかも「早い段階(6分)で失点して、相手に勢いに乗らせてしまった」(扇原)

“自分たちのサッカー”をやらせてもらえる時間が限られていたなかで、本来の戦いを示せなかった悔しい敗戦だった。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】あなたもどこかに!?横浜×G大阪を盛り上げたサポーター特集!
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜1-2G大阪|1G1AのアタッカーがMOM。完敗の王者には「4.5」がふたり
【横浜】「人間は欲深いもので…」地に足をつけた成長を期す遠藤渓太の現在地
【横浜】「信頼しているんでね」扇原&喜田の最強タッグが今季もかけがえのない拠り所に
【横浜】左右のウイングにトップ下。マルチな活躍も水沼宏太が危機感を抱く理由
【横浜】「誰もビビらず」「うちのサッカーの肝」。分厚いアタックを支える守備の充実ぶり

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ