【横浜】左右のウイングにトップ下。マルチな活躍も水沼宏太が危機感を抱く理由

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年02月20日

「限られた時間でどれだけ結果を残せるかが勝負」

シドニーFC戦では75分に途中出場。惜しいシュートを放つなど要所で好プレーを見せた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ACL・グループステージ2節]横浜4-0シドニーFC/2月19日/横浜国際

「どのポジションでもできる自信はある」

 今季の新体制発表会で、9年半ぶりの古巣復帰を果たした水沼宏太は力強く語っていた。ここまでのパフォーマンスを見る限り、その言葉に嘘偽りはない。

 神戸とのゼロックス・スーパーカップ、全北現代とのACL初戦、続くシドニーFC戦で、水沼はいずれの試合でも途中出場からピッチに立っている。

 注目すべきは、その起用ポジションだ。神戸戦ではマルコス・ジュニオールに代わり、トップ下でプレー。全北現代戦では遠藤渓太との交代で左ウイングに入り、シドニーFC戦では仲川輝人と入れ替わり、右ウイングを任された。

 まさに攻撃のマルチロールと言える働きぶりだ。プレータイムも少しずつ増えているなか、シドニーFC戦では質の高いクロスや左足の惜しいシュートなど要所で好プレーを披露。至近距離からの直接FKのキッカーを務めるなど、存在感は増しつつある。
 
 もちろん、それで満足しているわけではない。「チームに貢献するためには結果が必要。もっとチャンスに絡めるようにならないと認めてもらえないと思う」と危機感を口にする。

 出場機会を得るためにも、レギュラーを奪うためにも、「限られた時間でどれだけ結果を残せるかが勝負になってくる」。利己的に振る舞うつもりはないが、目に見える数字で自らの存在価値を証明しなければならないのも事実。そうしたアピールを続けながら、「チームのために良い仕事ができるように、まずはそれを全うして、そこから自分の色を出せれば」と展望する。

 一歩ずつ着実に前進しているのは間違いない。熾烈な競争に身を置きながら、G大阪とのリーグ開幕戦の前日に節目の30歳を迎えるアタッカーは、リーグ連覇を目指すチームの力になれるよう、さらなる進化と成長を誓う。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜Fマリノスサポーター PHOTO】あなたも写ってるかも?平日ナイターに駆けつけ、選手を後押ししたサポーター特集!

【ACL PHOTO】横浜FM4-0シドニー|アジアでも圧倒!試合を支配し、仲川&オナイウ各2発で連勝を飾る!

【仲川輝人 PHOTO】芸術ループで今季初得点!右サイドから迫力ある攻め上がりを見せ、この日2得点の活躍!

【オナイウ阿道 PHOTO】移籍後初ゴールはチームに勢いをもたらす豪快弾!前線で起点となったオナイウの厳選PHOTO!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ