仲川輝人が2ゴール!横浜、ACLシドニーFC戦は3点リードで後半へ。2連勝へ大きく前進!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月19日

横浜は、オーストラリア王者のシドニーFCを相手に圧倒して前半を終了

チーム2点目となるループシュートを放つ仲川輝人。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2月19日、19時30分のキックオフで、アジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)のグループステージ第2戦、横浜F・マリノス対シドニーFC(オーストラリア)の一戦が、横浜国際総合競技場で行なわれている。

 前節、敵地で韓国の全北現代を2-1で下している横浜は、この日も自慢のアタッキングフットボールでオーストラリア王者のシドニーFCを圧倒している。

 口火を切ったのはオナイウ阿道だった。12分、仲川輝人が右サイドからカットインし横パスを選択。高い位置でパスを受けた喜田拓也が縦パスを供給。相手DFの足に当たったボールに素早く反応したオナイウが左足で強烈なシュートを放つ。ディフレクションで軌道が変わったシュートがそのままゴールネットを揺らし、1-0と横浜が先制に成功した。

 すると昨季のJ1MVP男、仲川も追随する。31分、DFのチアゴ・マルチンスからの縦パスを受けたオナイウが裏に流すと、フリーで抜け出した仲川に渡る。GKとの1対1でループシュートを選択するとネットに収まり2-0に。仲川は今季初ゴールとなった。
 
 さらに33分、今度は左サイドのティーラトンがペナルティエリア手前から鋭いパスを供給する。ペナルティエリア中央、フリーで受けた仲川が、落ち着いて左足を振り抜き3-0とリードを広げた。

 その後も攻め続けた横浜が終始ペースを握り、3-0のまま前半を折り返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ