「カガワは6回だけだった…」プレミア“史上初の偉業”を達成した韓国代表FWソン・フンミンを英紙が絶賛!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月17日

トッテナムを救う殊勲弾で達成!

決勝点となる一発を決めたソン・フンミン。」アジア人史上初の記録を達成した。 (C)Getty Images

画像を見る

 韓国代表FWが快挙を達成した。

 現地2月16日、プレミアリーグの第26節が行なわれ、敵地でアストン・ビラと対戦したトッテナム・ホットスパーは、3-2で競り勝った。

 2-2で迎えた後半アディショナルタイム4分、殊勲のゴールを叩き込んだのが、トッテナムのソン・フンミンだ。

 自陣から蹴り出されたロングフィードを、相手DFのビョルン・エンゲルスが後逸。そこに猛ダッシュで走り込んでいたソン・フンミンは、爆発的なスプリントで一気にゴール前へと持ちこんで、最後はGKペペ・レイナとの1対1を冷静に制した。

 圧巻の決勝弾で、プレミアリーグで初めて50ゴールを決めたアジア人となったソン・フンミン。その快挙に英紙『The Sun』は、「彼は間違いなく、イングランドで最も認知されているアジア人プレーヤーだ」とし、こう綴った。

「これまで最大のアイコンとなっていたのは、元マンチェスター・ユナイテッドのパク・チソンだった。彼はプレミアリーグで154試合に出場して、19ゴール・21アシストを決めた。それに続くのは、元ニューカッスルのキ・ソンヨンと元レスターのシンジ・オカザキだろう。彼らはそれぞれ15点と14点を決めている」

 歴代のアジア人選手を引き合いに出し、偉業を強調した『The Sun』は、現在サラゴサに所属している香川真司についても言及している。

「シンジ・カガワは2012年にドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した際、紙面の大見出しを飾ったが、ネットを揺らしたのはたった6回だけだった」

 出色のパフォーマンスを見せ続けるソン・フンミンだが、本人はあくまで謙虚だ。試合後の英衛星放送『Sky Sports』のフラッシュインタビューで、「今日の僕は内容がとても良くなかった」と語った。

「ゴールを決めるチャンスはいくつもあったのに、決められなかったから気分は良くなかったね。最後の数秒でゴールを決められたのは良かったと思うけど、それはチームの全員の頑張りによるものだと思っている」

 27歳でキャリアの最盛期を迎えているナンバー7。そのパフォーマンスは、主砲ハリー・ケインを故障で欠くチームにおいて、文字通りエースと呼ぶにふさわしい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ