【FC東京】「サッカーができる状態ではなかった」ピッチで、アダイウトンが披露した技巧

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2020年01月29日

計算し尽くされたゴール

劣悪なピッチに関わらず、アダイウトンは果敢にドリブルでチャレンジした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「大雨でサッカーができる状態ではなかった」

 アダイウトンの言うとおり、水浸しになったピッチではパスもまともにつながらなかった。足もとにボールが来れば、敵陣に向かって思い切って蹴る。両チームが選んだのは、リスク回避の戦い方だった。

 そんななか果敢にゴールへと執拗に迫るストライカーがいた。それが、アダイウトンだった。得点にこそならなかったが、20分に独力でエリア内に持ち込んだプレーはなかなか見事で、持ち前のスピードを生かして何度も相手の裏を取ろうとするチャレンジも効果的だった。

 「私たちの本来のサッカーとは違った」

 アダイウトンはそう言うが、十分に気持ちが伝わるプレーを見せてくれた。そんなブラジル人ストライカーの頑張りが実を結んだのが、1-0で迎えた89分。長いドリブルで持ち込むと、前に出ていた相手GKを嘲笑うかのようなループシュートを決めたのだ。少し押され気味だった試合展開での、貴重な追加点。勝利を決定づけたという点で、アダイウトンの働きは称賛に値した。

「私たちは皆で戦って、気持ちを出せた試合だと思っています。自分のゴールでファン・サポーターも喜んでくれたはずなので、良かったです」
 
 決して、まぐれの一発ではない。むしろ、計算し尽くされたゴールだった。

「前半からGKが出ていたのでチャンスがあるなと思っていました。長いドリブルをした時にGKが出てくるのが見えたので、それでループシュートにしました」

 今季最初の公式戦でいきなり結果を出した新戦力のアダイウトン。劣悪なピッチでも輝いた技巧を、ACL本選、さらにJ1リーグでも披露してもらいたい。

【ACL PHOTO】FC東京 2-0 セレスネグロス|"水溜まり"ピッチに苦戦も、新加入が躍動でプレーオフ突破!

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ