J1神戸が始動!早速新助っ人ドウグラスが存在感を示す

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2020年01月22日

ドウグラスが持ち味のキープ力や高さを見せる

清水から加入したドウグラス。「ゴールだけでなくアシストなどでもチームに貢献したい」と意気込む。写真:白井邦彦

画像を見る

 2020年1月22日、J1のヴィッセル神戸が新シーズンに向けて始動した。約30分のチームミーテイングの後、選手たちはいぶきの森球技場で約1時間半の練習を行った。

 この日、アンドレス・イニエスタ、トーマス・フェルマーレン、ダンクレー、セルジ・サンペールは不参加。沖縄キャンプからの合流予定で、外国籍選手の参加は新加入のドウグラスのみ。また、日本代表の古橋亨梧、天皇杯決勝でゴールを挙げた藤本憲明、佐々木大樹は別メニュー。その他の日本人選手を中心に練習を行なった。

 練習初日はさすがに軽めの調整かと思われたが、8対8のゲーム形式を行なうなどシーズン中と同じメニューに。トルステン・フィンク監督は「選手たちにはオフ中にもトレーニングメニューを課していたので、コンディションの問題はなかったと思う」と、激しい練習について説明した。
 
 その中で、存在感を示したのは昨季14ゴールのドウグラス。持ち味のキープ力や高さを見せた。

 練習後、取材に応じたドウグラスは「神戸という素晴らしいチームでプレーできることをうれしく思います。(初日を終えて)雰囲気もよく、自分も動けていたと思う。チームから求められているのはゴールだと思いますが、それだけではなく、アシストなどでもチームに貢献したい」と話した。

 チームは1月26日から2月2日まで沖縄キャンプを行い、その後、ゼロックススーパーカップの横浜戦で本格的なシーズンインを迎える。
 
【関連記事】
【神戸|背番号発表】イニエスタは変わらず「8」、古橋は変更。ドウグラスら新戦力は…
「日本には良い印象しかありません」神戸退団のポドルスキが別れのメッセージを投稿!「永遠に神戸の誇り」とファン感激
「辛すぎて泣きそう」「連絡を貰ってシュート練習を…」神戸退団のポドルスキへ、親友GKが贈ったメッセージに反響!
「まだ力が残っていたら日本でプレーを続けたい」イニエスタが2年契約終了後の現役続行に意欲! スペイン・メディアに明かす
「シャビと並んでコーチをするのも悪くない」イニエスタが盟友とのタッグに前向き? スペイン・メディアに明かす

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ