「ボローニャ行きで概ね合意」長友佑都のセリエA復帰が現実的に? ガラタサライも売却に前向き

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月14日

実現すれば冨安健洋のチームメイトに

ガラタサライ残留の報道も出ていたなか、イタリア復帰が加速しそうな長友。 (C) Getty Images

画像を見る

 トルコのガラタサライに所属する長友佑都が、2年ぶりにイタリアに舞い戻る可能性が出てきた。

 現地時間1月14日、トルコ紙『Fanatik』が「ナガトモはボローニャへの道にある」と報じ、すでに条件面などの大部分で合意を取り付けていると説明している。

 ファティフ・テリム監督の次期構想から外れているとされていた長友は、昨年の低調なパフォーマンスなどを理由に、冬の移籍市場での放出が盛んに報じられていた。候補としてはセリエAのボローニャ、サンブドリアなどが興味を示していると言われていたが、1月に入ると状況が一転。テリム監督が長友を含めたチーム構想を練り始めており、残留の可能性が高まっていた。

 しかし、同紙によれば長友とボローニャは個人合意に達し、ガラタサライも移籍金150万ユーロ(約1億8750万円)での放出に異を唱えておらず、この資金でさらなる新戦力を補強することに乗り気であるとされている。

 長友がもしボローニャに加入した場合、現在チームで右SBを務めている日本代表DFの冨安健洋と両翼を担う可能性もある。実現すれば、日本代表の若きDFとベテランDFが、イタリアの地で共演することになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ