天皇杯準決勝、鹿島がJ2長崎相手に2-1リードで後半へ。神戸との元日“新国立”決戦で相まみえるのは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月21日

セルジーニョのゴールで先制

セルジーニョのゴールで先制した鹿島が前半で2-1とリードした。写真:滝川敏之

画像を見る

 第99回天皇杯全日本サッカー選手権大会は12月21日、準決勝の鹿島アントラーズ対V・ファーレン長崎の一戦が県立カシマサッカースタジアムで16時6分のキックオフで行なわれている。

 試合は序盤、巧者・鹿島の試合運びのうまさが目立った。開始4分、敵陣に押し込んだ鹿島は三竿健斗のミドルシュートのこぼれ球からチャンスを掴み、最後はセルジーニョが右足で押し込んで先制。さらに23分にはセットプレーから相手のオウンゴールを誘って、2-0とリードを広げた。

 しかし初の決勝進出を目指す長崎も37分、中盤でタメを作った吉岡雅和からのスルーパスに米田隼也が反応。GK曽ヶ端準との1対1を制して、ネットを揺らす。長崎が1点差に迫る。前半は鹿島が2-1リードして折り返した。

 もう一方の準決勝では、神戸がアンドレス・イニエスタの1得点・1アシストの活躍で清水を3-1で下し決勝進出を決めている。元日の新国立競技場での神戸との決戦に挑むのはどちらになるのか、最後まで目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
新国立のこけら落とし、天皇杯決勝は神戸対鹿島!ビジャが有終の美を飾るか?常勝軍団が6度目Vか?
天皇杯決勝進出へ殊勲のイニエスタ、「1月1日に幸せをお裾分けしたい」
神戸が初の天皇杯決勝進出!“魔術師”イニエスタの1G1Aで3-1と清水に競り勝つ
南米屈指の名門エストゥディアンテスがイニエスタ獲得に動く! “盟友”マスチェラーノが仲介役を担う
天皇杯準決勝、イニエスタの4か月ぶりのゴールで神戸が先制!左足でニアサイドを破る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ