「自分のチームとは全然違う」JリーグMVP仲川輝人が語った代表デビュー戦の自己評価は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月15日

「相手に捕まえられないようなポジションを取ろうとはした」

香港戦でA代表デビューを飾った仲川だが、結果を出すことはできず。韓国戦では得点に絡む仕事を見せたい。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[E-1選手権]日本5-0香港/12月14日(土)/韓国・釜山

 5ゴールを奪っての大勝にも反省の言葉が口を突いた。

 今季JリーグのMVPと得点王を獲得し、代表初選出で10番を与えられた仲川輝人が香港戦でA代表デビューを果たした。しかし、持ち前の突破力やゴール前での決定力は鳴りを潜めた。


 試合後、デビューの感想を問われても「(チームとしての)いい結果は出たと思うし、自分がもっと結果を出すようにしないといけないかなと」と歯切れは良くない。

 もっとも、躍動した横浜で採用する4-3-3と森保ジャパンの3-4-2-1では、景色の見え方もまるで違ったはずだ。横浜ではアウトサイドから内へ切れ込んでいくイメージが強い仲川だが、代表ではインサイドがスタートポジションになる。その違いへの適応段階にあることを本人も認めている。
「自分のチームとは全然違うし、ずっとディフェンスとボランチの間でいいポジションを見つけながら、相手に捕まえられないようなポジションを取ろうとはした。初めてやって、もうちょっとやりがいというか、自分の良さを出すには、コミュニケーションだったり、自分がどこで欲しいかとかも、味方に伝えていけばいいと思う」

 さらに、自らの長所のひとつである裏へ抜ける動きに関しても「出し手と受け手のタイミング。自分が走るタイミングが合えば裏に抜ける動きも狙っていたので、そこは話し合っていければいい」と、試行錯誤を重ねている。

 香港戦では本領発揮とはいかなかった仲川だが、果たして18日の日韓戦ではいかなる姿を見せてくれるのか。今季JリーグMVPの修正力が問われるところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【考察】国内最強ウインガー仲川のシャドーは適正ではない。起用法を再考すべし
金田喜稔が香港戦を斬る! 5点で終わってはいけない試合。最も期待外れだったのは…
「韓国より強い!」「圧倒的だった」香港メディアが5発快勝の若き森保ジャパンを手放しで称賛!
「恐ろしくテンポが速かった」かつてプレミアで活躍した香港代表監督は森保ジャパンをどう見た?
【香港戦|戦評】“初選出組”の多くがアピールしたのは収穫も…シャドー仲川は機能不全に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ