ガゼッタ紙の採点と寸評で振り返るミラン本田圭佑の2014年

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年12月23日

メディアがミランの背番号10に求めるのは何より決定的仕事。

もしアジアカップで決勝まで進めば、ミラン復帰に2月に入ってから。本田にとって2015年最初のセリエAの相手は、首位ユベントスとなる。前半戦のリベンジを果たせるか。 (C) Alberto LINGRIA

画像を見る

 16節のローマ戦後、今年の自身を振り返って「5段階評価で下から2番目」という厳しい評価を下した本田圭佑。とはいいながら、ある程度の手ごたえも感じていることを明かしている。
 
 さて、ここではイタリア最大のスポーツ新聞「ガゼッタ・デッロ・スポルト」による16節までの全試合の採点と評価を下に記した。
 
 ここから分かるのは、地元メディアは本田を「ミランの背番号10」という特別な存在として、非常に高い期待をかけているということだ。その期待とは、目に見える結果、つまりゴール、あるいはゴールを生み出す直接的なプレーだ。
 
 極論すれば、献身的に90分間走り回って裏方に徹するよりも、たったひとつのプレーでゴールを生み出すことを求めている。だからこそ、前線でどれだけ動いて味方にスペースを空けたり守備に奔走したとしても、その部分は評価対象にはなりにくい。
 
 自分本位なプレーが散見されながらも、中盤戦に入ってからはゴールを量産し続けているジェレミー・メネーズが常に最高採点をつけられることからも、メディアがどこに重きを置いているかが分かる。
 
 シルビオ・ベルルスコーニ・オーナーも、本田のような堅実なタイプより、ジェノアの10番、ディエゴ・ペロッティのような華やかな攻撃選手を待望しているという。これはもちろん、スペクタクルに満ちていたかつての黄金時代を懐かしむがゆえの願望である。
 
 これに対し、現実を見るべきとの声も多く、確かにその通りではあるのだが、伝統と栄光の歴史を持つミランに属すれば、誰もが、ましてや背番号10を背負う選手であれば、過去との比較を強いられるのは宿命であり、本田もそれを受け入れるしかない(ある意味、それは光栄なことでもある)。
 
 ただ本田には、強い味方が周囲に多くいる。なかでも、フィリッポ・インザーギ監督から絶大な信頼を得ているのは大きい。真摯な姿勢とプレーの向上により、今や若き指揮官のファーストチョイスだ。
 
 そして、チームメイトからの評価も一様に高い。メディアやフロントから何を言われようと、現場に携わる仲間たちからの信頼がある限り、本田の立場が揺らぐことはないだろう。

 背番号10の重責と足枷は思った以上に大きく厳しいが、本田は「それも楽しんでいる」と語る。オーナーの望むファンタジスタにはなれなくとも、現在の力で、他選手との違いを見せ、決定的な仕事を果たすことはできる。
 
 アジアカップ出場による長期欠場は、本田にとっても、インザーギ監督にとっても痛いだろうが、しばし別の道を歩みながら、再び合流した時にどのようなミランを生み出せるのか。それを楽しみにしながら年を越したい。
 
 ◎ガゼッタ紙による本田の採点&寸評
 
第1節 ○3-1ラツィオ
先発(76分間) 1ゴール
採点6.5「先制点の場面では本能的に利き足ではない右足で決めた。その後は、守備面でも効果的なプレーを見せていた」
 
第2節 ○5-4パルマ
先発(62分間) 1ゴール・1アシスト
採点7「ボナベントゥーラへのアシスト、そして練習で体得した素晴らしい動きからのヘディングゴール。その後は消える時間帯もあったが、再び効果的な動きを見せた」
 
第3節 ×0-1ユベントス
先発(83分間)
採点6「自陣での守備に追われるなど、ハードな時間を強いられた。攻撃では相手に脅威を与えられず。決定的なヘッドを放つも、ブッフォンの壁が立ちはだかった」
 
第4節 △2-2エンポリ
フル出場 1ゴール
採点7「ユベントス戦で唯一ブッフォンを慌てさせるシュートを放った男は、このエンポリ戦では左足で正確なシュートを決めた。さらには惜しいFKで逆転にも近づいた」
 
第5節 △1-1チェゼーナ
先発(75分間) 1アシスト
採点6「レンゼッティにまるでうっとうしい蚊のようにつきまとわれたが、ラミの同点ゴールをアシストしたCKの他、FKなどセットプレーからチャンスを作り出した」
 
第6節 ○2-0キエーボ
先発(81分間) 1ゴール
採点7「今シーズン4点目。わずか1点リードという恐怖を払拭するFKだった。徐々に動きが増していき、常に攻撃に絡んだ」
 
第7節 ○3-1ヴェローナ
先発(85分間) 2ゴール
採点7.5「常にチームメイトの動きに反応してフリーとなることに努め、得点数を6に伸ばした。ゴール前では冷静だった」
 
第8節 △1-1フィオレンティーナ
フル出場
採点6「前半は80メートルもの長い距離を活発、かつスムーズに動き回っていたが、後半は相手の守備によってエリアを狭められた」
 
第9節 △1-1カリアリ
フル出場
採点5.5「よく走ってはいたが、評価できるのがディフェンス面にしかないのは良いことではない。プレーは断続的だった」
 
第10節 ×0-2パレルモ
先発(68分間)
採点4.5「プレーが遅く、“ホンダ製のバイク”とは似ても似つかないものだった。仕掛けもなく、変化もなし。セットプレーも正確さを欠いた」
 
第11節 △2-2サンプドリア
先発(59分間)
採点5「頼りないパフォーマンスに終始。積極的なプレーは一度も見られなかった。風邪がまだ回復していなかったのだろう」
 
第12節 △1-1インテル
交代出場(18分間)
採点6「途中交代ながらすぐにシュートを放ったりしてインパクトは与えた。しかし、比較するとボナベントゥーラの方がバランスは良かった」
 
第13節 ○2-0ウディネーゼ
先発(82分間)
採点6.5「高速スタートでチャンスをもたらしたが、その後は失速してしまった。それでも、微妙な判定ながらPKを得て勝利に貢献はした」
 
第14節 ×0-1ジェノア
先発(71分間)
採点4.5「ミランに加入してからで最低の内容と言っていい。アントネッリに封じられ、何も対処できなかった。最初に交代させられたのも当然」
 
第15節 ○2-0ナポリ
フル出場
採点5.5「シーズン序盤戦の輝きをこの試合でも取り戻せず。不正確なプレーで、14回のパスミスと21回のボールロストを犯した」
 
第16節 △0-0ローマ
先発(73分間)
採点5「良かったのは、立ち上がりのシュートだけ。ボールロストは13回を数え、ボールを受けると攻撃を遅らせてしまっていた」

※採点は6が及第点。数値が高くなるほど評価は上がる
【関連記事】
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「共通の言語を話すインザーギとの深い信頼関係」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「メネーズは本田に手を貸すことが自分の得にもなることを早く理解すべきだ」
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「昨シーズンの本田こそ“出来の悪いコピー”だった」
本田&メネーズの連係の向上がミランに進化と勝利をもたらす
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「だからミラノ・ダービーの先発落ちは“ビッグニュース”だった」
ミランのレジェンドはどう評価? 往年の名DFバレージが語る本田圭佑
ボバンが本田を斬る! 「それでも黄金期のミランではベンチ入りも難しい」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ