4位川崎が脇坂、小林のゴールで2-0快勝!敗れた浦和は中3日で敵地でのACL決勝初戦へ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月05日

脇坂が先制弾!小林が今季12点目となる追加点

35分、先制点を挙げた脇坂。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは11月5日、32節の浦和レッズ対川崎フロンターレの1試合が埼玉スタジムで開催され、2対0で川崎が勝利を収めた。

 浦和のACL決勝進出のため、前倒しの日程で行なわれた一戦、浦和は興梠慎三や槙野智章ら主力組をほとんど先発から外し、ターンオーバーを採用して臨んだ。試合は、序盤こそ一進一退の攻防が見られたものの、徐々に川崎がペースを掴む。そして35分、敵陣バイタルエリアでセカンドボールを拾った脇坂泰斗が鋭い反転から右足を一閃。強烈なミドルシュートが浦和ゴールに突き刺さった。川崎が先制する。

 川崎の1点リードで迎えた後半、浦和は立ち上がりの48分にマルティノスが決定的なシュートを放つが、これはポストを直撃。ゴールには至らない。

 すると78分、川崎は途中出場の小林悠が守田英正からのクロスをドンピシャのタイミングでヘディングシュート。これが鮮やかにネットを揺らし、川崎が浦和を突き放す。

 その後も安定した試合運びを見せた川崎が2対0で勝点3を掴んだ。4位の川崎は勝点を54として、3位の横浜との勝点差を4とした。

 一方の浦和は勝点36にとどまり、暫定で11位。中3日となる9日に、敵地のサウジアラビア、キングサウード・ユニバーシティースタジアムで、アル・ヒラルとのACL決勝第1戦に臨むことになる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【脇坂泰斗&小林悠 PHOTO】強烈なミドルと、貴重な追加点で勝利に貢献!

【浦和0-2川崎 PHOTO】敵地で2発快勝!4戦負けなしで逆転優勝へ望みをつなぐ!
【関連記事】
ACL決勝進出を喜んでばかりはいられない? 浦和レッズが直面する超ハードな残留争い
ボールを持たれる珍しき姿…ポゼッション率35.8パーセントでも川崎が勝利に手応えを感じたワケ
「組長大反省ね」大槻毅監督の一発退場に浦和ファンも騒然!一方で敗戦にもポジティブな評価を寄せられたのは…
【川崎】負傷から一夜明け…左膝前十字靭帯損傷の中村憲剛は力強い言葉「この怪我にも意味があるはず」
忍び寄るJ2降格の危機…浦和が今後重視すべきポイントは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ