【G大阪】「札幌戦がきっかけに…」10試合不発と苦しんだ宇佐美貴史が湘南戦で2ゴールできたワケ

カテゴリ:Jリーグ

佐藤香菜(サッカーダイジェスト)

2019年11月04日

4日前に練習に復帰したばかりだった

試合後の会見では宮本監督も「良い状態になってきている。残り4試合で点を取ってほしい」とこの宇佐美に期待を寄せた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1・30節]湘南0-3G大阪/11月3日(日)/Shona BMWスタジアム平塚

 9位のガンバ大阪は、4ポイント差の16位湘南と敵地で戦い、3‐0で快勝した。勝たなければ残留争いが厳しくなってくる重要なこの一戦で、2得点の大活躍で勝利を決定付けたのがFW宇佐美貴史だ。

 10分に右CKのこぼれ球から小野瀬康介が先制点を決め、1点をリードして迎えた前半アディショナルタイムだった。遠藤保仁とのパス交換から宇佐美が右足でシュートを叩き込み、追加点を挙げる。

 50分には自陣で相手ボールを奪った藤春廣輝のロングボールに反応して、対峙するDFをかわしながら左サイドを駆け上がり、左足を一閃。迷いなく振り切った鋭いシュートが、ゴール右に突き刺さった。

 自分たちを1本上回る16本のシュートを湘南に浴びたものの、GK東口順昭ら守備陣もきっちり守り抜き、見事に完封勝利を収めている。

 2得点の活躍で勝利の立役者となった宇佐美だが、7月20日の20節名古屋戦から、公式戦10試合(リーグ7試合、ルヴァン杯2試合、天皇杯1試合)連続で無得点という苦しい時期を過ごした。

 10月4日の28節、5日後のルヴァン杯準決勝(第1レグ)と、いずれも札幌戦で1ゴールずつを挙げ、ようやく長いトンネルから脱出したものの、同13日の第2レグで左太もも裏を負傷し34分に途中交代と波に乗りきれない。4日前にようやく練習に合流したばかりだった。

【湘南0-3G大阪 PHOTO】怪我から復帰の宇佐美が2ゴール!G大阪が残留へ向けて大きな勝利!
「怪我の時間もあったので、そういうなかで改めてしっかり考えさせられた」という宇佐美は、次のように続けた。

「足をどんどん振っていかないと。距離に関係なく振れることが自分の強みでもある。そういうなかで一週間しっかりシュートの感覚というか、一連の動作から確認していくような練習の積み重ねができましたし、“迷わず振る”というところでは良い感じになってきたかなと思います」

 そして、そのきっかけとなったのが札幌戦だった。

「自分の思い描いている弾道と、飛んでる実際のボールの速度がリンクしてきているなというのはあった。札幌戦で久々に強い当たりができて、そこがきっかけになったかなと思います」

 湘南に勝利したG大阪は勝点を38に伸ばしたが、順位は変わらず9位で残留が決まったわけではない。

「今年はもうタイトルを獲れないことは決まっているので、まず最低限、しっかり残留を決めなければいけない。そこから来季につなげていくような試合をして、応援してくれる人たちに見せなければいけない。来季に期待を持ってシーズンを終えられるように、勝てるようにやっていきたい」

 残り4試合、迷いを振り切り感覚を取り戻したストライカーの爆発が期待できそうだ。

取材・文●佐藤香菜(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ