久保建英、現地実況が絶賛した「ラブリーなパス」を繰り出すも無念の途中交代…。マジョルカも3発完敗

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月03日

5試合ぶりの先発出場で積極的にアピール

相手のタイトな寄せに苦しみながらも、この日の久保は積極果敢なプレーを見せ続けた。 (C) Mutsu KAWAMORI

画像を見る

 現地時間11月3日に行なわれたラ・リーガ第12節で、久保建英が所属するマジョルカが、敵地でバジャドリーと対戦した。

 10月31日に行なわれたオサスナ戦で、マジョルカ加入後初の未出場となった久保は、リーグ戦で5試合ぶりとなる先発に復帰。4-1-4-1の右サイドハーフとして起用された。

 久々の先発出場となった久保は序盤からボールサイドに寄って、積極果敢にプレー。3分には、左サイドに寄って、ラーゴのチャンスの起点となるスルーパスを繰り出し、現地実況から「ラブリーなパスだった」と賛辞を送られた。

 試合は両軍が中盤で激しくボールを奪い合う一進一退の攻防が続いた。そのなかで、マジョルカは、左サイドを起点に攻撃を展開する。序盤にチャンスを演出した久保は、なおも、インサイドにポジションを絞りながらのプレーを続け、26分には、左サイドでボールを受けてから、カットイン気味にボールを持ち出して右足でのミドルシュートを放ってみせた。

 両軍ともなかなか決定機を作れないなか、先制したのはホームチームだった。40分、CKからホアキンが強烈なヘディングシュートをねじ込んだ。

 0-1で後半を迎えたマジョルカは反撃に出たいところだったが、48分に自陣ペナルティーエリア内でのルーズボールの処理を誤ったGKのファブリがPKを献上。これをエネス・ウナルに決められて、点差を広げられてしまう。

 何とか一矢報いたいマジョルカは、両ワイドからの攻撃から得点を目指したが、クロスの精度を欠いた拙攻が続く。

 後半に入ってから、右サイドに開いてボールを受けるシーンが増えた久保は、相手DFの強烈なプレスに苦しみながらも、果敢に仕掛ける姿勢を見せた。だが、68分にアリダイと交代し、お役御免に。5試合ぶりの先発出場も目に見える結果は残せなかった。

 その後、再び一進一退の攻防が繰り広げられた試合は、後半アディショナルタイム4分にバジャドリーのサンドロがトドメの一撃を決め、結局、3-0でホームチームが勝利した。

 リーグ戦3戦未勝利となったマジョルカは、降格圏の18位セルタと勝点2差の17位と苦しい状況が続いている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「だから僕は確信した」久保建英はなぜバルサを蹴ってマドリーを選んだのか? スペイン紙のインタビューで明かす!
「君から光が消えてしまったが…」大失速の香川真司はサラゴサ地元紙の直球質問にどう答えた?
「日本行きは正しかった」「中国からも誘いがあった」イニエスタが母国紙でJリーグ参戦の理由を告白!
「クボは始まりに過ぎない」「日本は才能のるつぼ」スペイン紙がU-17日本代表を称賛。“新たな久保建英”の登場を確信!
「日本代表と対照的」「敬意を欠いている!」バルセロナが使用したロッカールームの“惨状”に批判殺到!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ