「まさかの展開だ!」ブラジル現地誌が若き日本代表の快進撃、韓国を含めたアジアのヤングパワーに驚愕!【U-17W杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月03日

西川を「GSで最も印象に残った選手」と称賛も

前節のアメリカ戦に続き、スコアレスで終わるかと思われた83分、途中出場の西川(10番)が勝利を引き寄せる先制ゴールを挙げる。(C) Getty Images

画像を見る

 ブラジルで開催中のU-17ワールドカップは、グループリーグがいよいよ佳境だ。グループDに所属する若き日本代表は現地時間11月2日、セネガルと対戦し、1-0で勝利。3試合で2勝1分けの成績を収め、同グループの首位突破を決めた。

 現地のニュース情報誌『ISTOE』は、このグループDの結果を受けて「事前のオランダ有利という予想とはまるで異なる、ヨーロッパ王者が苦しみ、もしかしたら敗退するかもしれない。まさかの展開だ」と振り返った。

「この日、グループDではオランダがアメリカを4-0で破り、日本がセネガルを1-0破った。だがヨーロッパのタイトルホルダーであるオランダは、最終的な順位が3位に終わり、上位2チームのみが進むことのできる決勝トーナメントへのストレートインを逃した。それに比べ、日本はセネガルを相手に、たった1点で試合を決める勝負強さを見せた。結果、グループリーダーはアジアの日本となったのだ」

 セネガル戦で唯一のスコアラーとなったFW西川潤はこの日、65分からの途中出場。日本をグループ首位に導く活躍を果たし、同誌は「グループステージで最も印象に残った選手だ」と評している。

 さらに同誌は、グループCで2位突破を決めた韓国の躍進ぶりにも目を瞠ったようだ。

「フランス、チリという強豪と同組だった韓国は、最終節でチリを2-1で下し、3試合を2勝1敗で終えて2位の座を勝ち取り、自らの手で決勝トーナメント進出を決めた。フランスに次ぐ2位通過に意欲満々だったチリにとって、大いなる誤算となったに違いない」

 グループリーグの最終節は、グループEとFの4試合を残すのみ。3位となったオランダやチリは、最終的な結果によって決勝トーナメント進出の可能性を残している。一方で突破が厳しいと目されていた日本や韓国、さらにはグループEで3位に付けているタジキスタンと、アジアの若者たちが予想外の奮闘。サッカー大国ブラジルでも注目を引いているようだ。

 日本は現地時間11月6日、グループB、E、Fのうち最も好成績を残した3位チームとベスト8突破を懸けて戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「日本は危険きわまりない!」セネガル撃破で首位通過の森山ジャパンをFIFA公式が絶賛!【U-17W杯】
U-17日本代表、森山監督は“死の組”首位通過に「日本が1位になるとは誰も思っていなかったと思う」
「優勝まで行きたい」セネガル戦、エース西川潤が終盤に大仕事!“死の組”首位通過に導く決勝弾
「ワカツキはビッグスター」「痛々しいノックアウト」日本に完敗したオランダのメディアが予想外の結果に驚愕!【U-17W杯】
「スカウトが感銘を受けた」U-17W杯で大活躍の若月大和にユーベが熱視線!? 補強リスト入りとも

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ