U-17W杯セネガル戦、西川潤が決勝弾!日本はグループ首位で決勝トーナメントへ!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月03日

0-0のまま勝負は終盤にもつれる

83分、西川が待望の先制点を奪う。(C) Getty Images

画像を見る

 ブラジルで開催されているU-17ワールドカップは現地時間の11月2日(日本時間3日)に、グループリーグ第3戦が行なわれた。グループDの日本は、エスタジオ・クレーベル・アンドラージでセネガルと対戦し、日本が1対0で勝利した。

 2戦目までに勝点4を獲得していた日本は、他会場の結果により、各組3位の成績上位4チーム入りが確定。最終戦を前にして、決勝トーナメント進出が決まった。

 グループ首位通過を懸けて戦うことになったセネガル戦は、アメリカ戦からスタメン5人を変更。初戦で2ゴールを奪った若月大和、同じく1得点・2アシストの西川潤はベンチスタートとなり、前線には初戦に続き唐山翔自をスタメン起用した。

 試合は立ち上がりから一進一退の攻防となったが、次第に日本も攻撃のリズムを掴み、チャンスを迎える。25分以降、セットプレーなどからゴールに迫った日本は、前半アディショナルタイムにも中野伸哉が敵最終ラインの背後に抜け出し左足を一閃。だがシュートはクロスバーを直撃して惜しくも先制はならなかった。

 前半は0-0で終了した。迎えた後半はよりオープンな展開となり、互いにゴール前の攻防が増えていく。65分、日本は西川潤を投入。さらに81分には若月を投入して、足が止まり始めてきたセネガルに対し、勝負に出る。

 すると83分、日本は藤田譲瑠チマの鋭い縦パスに反応した西川がワントラップで抜け出すと、角度のない位置から左足を振り抜く。GKのニアサイドを破り、ネットを揺らす。日本がついに先制点を挙げた。

 日本はGK鈴木彩艶、DF半田陸、鈴木海音の不動の守備陣を軸に最後まで得点を与えず、タイムアップ。日本が1対0でセネガルを破った。勝点7とした日本は、3試合連続無失点でグループリーグ首位通過を決めている。

 この結果、日本は現地11月6日(日本時間7日)に、ラウンド16でB・E・F組いずれかの3位チームと対戦することが決まった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ