【ルヴァン杯決勝】“臆せず前に出た”札幌と“受けて立った”川崎。稀に見る好勝負の背景にあった互いの美学と意地

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月27日

激しい攻防に多くの人は魅了されたはず

ゴール前で激しく争う両チーム。計6ゴールが生まれ、PK戦にまでもつれ込む熱戦となった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ルヴァンカップ決勝]札幌3(4PK5)3川崎/10月26日/埼玉スタジアム2002

 決勝戦の前日会見、“ミシャ”こと札幌のペトロヴィッチ監督は、予言するように試合展開をこう語っていた。

「川崎はリーグで最も攻撃的なスタイルを持ったチーム。そして我々も川崎の次くらいに攻撃的なサッカーはできているはず。だから観る方にとって面白い試合になるだろう。それはお互いに危険な攻撃ができるからだ」

 決勝戦は得てして、結果を求めるあまりに固い試合になることが多い。しかし、札幌と川崎の一戦は、ミシャの言葉どおり、見応え十分な好勝負となった。

 10分に狙い通りの高速カウンターから札幌が菅大輝のゴールで先制するも、前半終了間際に阿部浩之の得点で川崎が同点に追いつく。そして88分には川崎が、小林悠の勝ち越し弾で逆転。しかし、試合はこのままでは終わらない。札幌はラストワンプレーとなったCKから深井一希が執念のヘッドスコアをタイに戻し、延長戦では福森晃斗の芸術的なFKで先手を取る。だが、退場者を出した川崎も粘り、109分に小林の2ゴール目でスコアを3-3とし、最後はPK戦での決着となった。
 互いの特長を出しあった一戦を、中村憲剛は「札幌はベタ引きする選択肢もあったと思いますが出てきてくれた。すごく良い雰囲気だった」と振り返る。

 ペトロヴィッチ監督の下で攻撃的なスタイルを作り上げている札幌と、ポゼッションスタイルを軸に得点力を高めてきた川崎には、ゴールを奪うための美学がある。

 決戦を前に中村は「決勝だからこそどんな内容になるか分からない」と不安げな表情を浮かべていたが、ともに守備を固めるのではなく、常に前への意識を高め、スタイルを貫き通したからこそ、観衆を沸かすゴール前の攻防が数多く見られたのだろう。

 さらに大会初制覇へ向けた、意地と意地のぶつかり合いがゲームをより熱くした。確かにカウンターへの対応、ゲームの締め方など、ともに拙い部分もあったと言わざるを得ない。

 ただしそれ以上に臆することなく特長を出し合い、魂のこもった両者の一戦は、観ている者の気持ちを大きく動かしたはずだ。PK戦で敗れた札幌を含めて評価されるべきゲーム内容だったと言えるだろう。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【ルヴァン杯決勝PHOTO】札幌3(4PK5)3川崎|互いに一歩も譲らず激しい猛攻も川崎がPK戦を制し初優勝!!MVPには・・・!?

【川崎優勝Photo】ルヴァン杯初制覇し歓喜する選手たちのフォトギャラリー!!

【PHOTO】札幌×川崎|“ルヴァン杯決勝”を彩った美女サポーターたち!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ