【ルヴァン杯決勝|札幌】「それ以上にヤバかったです…」先制弾を挙げた21歳の菅大輝、跳ねのけた大舞台の重圧

カテゴリ:Jリーグ

佐藤香菜(サッカーダイジェスト)

2019年10月27日

自分のゴールに「ビックリした」

開始10分で先制弾を決めた菅。大きな緊張はこれでほぐれたという。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[ルヴァンカップ決勝]札幌3(4PK5)3川崎/10月26日/埼玉スタジアム2002

 クラブ史上初めてのタイトル獲得を懸け、JリーグYBCルヴァンカップ決勝の大舞台に臨んだ札幌は、川崎に惜しくも敗れ、準優勝となった。

 主力メンバーの平均年齢が約25歳と若い選手が多いチームの中で、この日、札幌の先発メンバーでもっとも若かったのが、左ウイングバックを担った21歳の菅大輝だ。

 これほどのビッグマッチを戦うのは、自身のキャリアでもこれまで経験したことがなかったという菅は、前日の取材で「いつもの試合の10倍くらい緊張している」と、決勝戦に向けてかなり緊張していることを吐露していた。
 
 一夜明け、迎えた本番。

 会場の埼玉スタジアムには4万8119人の観客が集まり、華やかな開会セレモニーや両チームのサポーターたちによる素晴らしいコレオグラフィ―などが、選手たちのモチベーションを後押しした。

 開始10分、先制に成功したのは札幌だった。

 右サイドの白井康介がドリブルで相手陣内深くへ持ち上がり、阿部浩之とのマッチアップを制してゴール前へクロスを上げると、これに反応した菅が右足を一閃。シュートはクロスバーを直撃するも、GK新井章太に当たってそのままゴールに吸い込まれた。

「ビックリしました」

 自身の得点についての感想をこうひと言で表現した菅は、これが今季初めてのゴールでもあった。
「リーグ戦の中でも、同じような位置からのミドルシュートはけっこうあった。でもふかしたりしていたので……。まずは枠に飛ばすという、そこだけ意識して、あとは何も考えずに打ったから、良い感じのシュートになったのかなと」と振り返る。

 また、この日のピッチに立った時、実は前日以上に緊張していたという。
「昨日のさらに10倍です。それ以上に緊張してヤバかったですけど、あの一発が入ってくれて、緊張もだいぶほぐれてくれて、あれが入っていなかったらヤバかったかもしれないです。入ってくれて良かった」

 これで吹っ切れたのか、チーム最多のシュート3本を放つなど左サイドを活性化させ、このあと二転三転の末にPK戦にまで及ぶことになる激闘のなかで、チームのエネルギー源となった。

 残念ながら優勝という結果は伴わなかったが、いつもの100倍ともいう緊張を大きなパワーに変えた21歳は、初めてのビッグマッチという経験を経て、どんな風に成長していくのか。これからがとても楽しみだ。

取材・文●佐藤香菜(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ