「難しい試合だったけれど…」フランクフルト長谷部誠、2アシストでチームを勝利に導いた鎌田大地を称賛【EL】

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月25日

「セットプレーで点を獲れたことは本当に大きい」

セットプレーからの2アシストでチームの勝利に貢献した鎌田(右)。長谷部もその功績を称えた。 (C) Getty Images

画像を見る

 長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは、ヨーロッパリーグのグループリーグ3節でベルギーのスタンダール・リエージュと対戦し、2-1で勝利した。

 この日も4万7000人の大観衆が詰めかけたホームスタジアムで、フランクフルトは立ち上がりからボールを支配する時間が長く続いた。だが、なかなか決定機まで持ち込むことができなかった。これはどうやらアンドレ・シウバ、バス・ドストというふたりの主力FWが欠場した影響が大きかったようだ。試合後に長谷部はこう語っている。

「(S・リエージュが)あれだけ引いてくるというのは少し驚きではありました。ゆっくり後ろで回しているだけでは、全く崩れない。サイドに少しスペースがあったので、そこを使うことを考えていましたけど…。

 ただセンタリングを上げても、今日は1トップ(ゴンサロ・パシエンシア)だったので難しかった。後半は大地が上がって2トップの形になりましたが、(ターゲットとなる)FWがひとりしか出られない状態だったことは、難しかった理由のひとつですね」

 さらに、現在ベルギーリーグで2位を走るS・リエージュは常にコンパクトな陣形を保っており、特に中央の守備は手堅かった。

 膠着した展開だったからこそ、セットプレーから2得点を奪えたのは大きい。長谷部もその功績を認め、2アシストでゴールを演出した鎌田を称えた。

「1点目も大地のボールが良かったですし、2点目も中でしっかり相手をブロックし、味方をフリーにした形で決めることができた。こういう難しい試合でセットプレーから点が取れることは本当に大きい」

 未だリーグ戦ではゴール・アシストのない鎌田だが、この日のアタッカー陣を牽引したのは日本代表MFだった。長谷部も「大地も(ELで)アシストがついたんで良かった」と語り、たくましくなり続ける同僚に目を細めている。

 3節終了時でグループではアーセナルに次いでグループFの2位に浮上。試合前にアディ・ヒュッター監督がグループリーグ突破をかけた「運命の一戦」と位置付けた大事な試合だっただけに、貴重な勝利となった。

「(ELの成績は)2勝1敗で悪くない数字だとは思うけれど、アーセナルとのホーム戦で0-3で負けてしまっている。取りこぼしてしまった試合だったので、この後はそういうことがないようにしたい」

 ELでは次節アウェーでのリエージュ戦を引き分け以上で切り抜けることができれば、決勝トーナメント進出が非常に濃厚になる。少しずつ上昇気流に乗り始めたフランクフルトは、この調子でリーグ戦、カップ戦、そしてELという舞台で躍進し続ける気配を漂わせ始めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ