「素晴らしい経験だ」引退した元チェコ代表GKチェフ、アイスホッケー選手へ転身!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月10日

チェルシー幹部と兼務することに

プレシーズンの日本ツアーにも帯同していたチェフ。新たな人生を踏み出すことになりそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 昨季限りで現役引退した元チェコ代表のペトル・チェフが、人生の新たな冒険に乗り出したことが話題を呼んでいる。

 古巣であるプレミアリーグのチェルシーに、幹部として戻ったチェフ。だが、サッカーとは異なるプロアスリートとして、新たな活動を始めることになった。なんと、アイスホッケー選手として、イングランド2部のギルフォード・フェニックスでゴールテンダーを務めることになったのだ。同クラブの公式HPが加入を発表し、英公共放送『BBC』が報じている。

 チェコの人気スポーツであるアイスホッケーの大ファンというチェフは「若いチームが目標を達成する助けになりたい」と、意気込みを露わにした。

「プロサッカーの世界で20年を過ごしたけど、子どものころに見て、遊んでいたスポーツをプレーできるなんて、素晴らしい経験だ」

 『BBC』によると、チェフはG・フェニックスで3番手のゴールテンダー(アイスホッケーにおけるキーパー)になるとのこと。また、あくまでチェルシーでの仕事を優先するようだ。

 チェフは自身のSNSで、「自分が職を変えたと思っている人がいるようだが、それは違う。幸いにも、チェルシーでの仕事が空いている時に、ずっとプレーしてきたスポーツをすることができる。プロサッカー選手の時は、もちろんできなかった。けれど、今の状態ならそれができるんだ」と説明している。

 一方、受け入れる側のG・フェニックスのヘッドコーチは「チェフの加入はチームにとって大きなことだ。彼は素晴らしい男で、ハードに練習する。彼のデビューが待ち遠しいよ」と、喜びのコメントを発している。

 優れた身体能力を持つアスリートの中には、本業とは異なるスポーツに挑戦する者も少なくない。子どものころからずっと好きだったというスポーツであれば、なおさらだ。

 もちろん、チェルシーでの仕事をおろそかにすることは許されない。だが、チェフの新たなチャレンジを見守り、応援するファンは多いことだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ