【鹿島】「出たいよ、出たいけど――」自らが置かれた立場について内田篤人の想いは?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年09月15日

「“次に代わりで入ってくる選手”、って思わないこと」

今は控えに甘んじている内田だが、その力が必要とされる時は必ずくるはずだ。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ26節]鹿島2-0FC東京/9月14日/カシマ
 
 8月の中旬、4-0で勝利した栃木との天皇杯3回戦で途中出場し、しばらく負傷離脱していた内田篤人が約4か月半ぶりの戦列復帰を果たす。
 
 だが、その後はリーグ戦でも、ACLでも、ルヴァンカップでも、ベンチ入りはするものの、思うように試合に出られずにいる。
 
 今節のFC東京戦でも、メンバー入りするが出場の機会は訪れなかった。2-0の完勝劇をピッチの外から見守った。
 
 主戦場の右SBでフル出場したのは、今夏の新戦力、小泉慶だった。最後は足がつるほど精力的に動き回り、チームの勝利に貢献。そのパフォーマンスについて、内田は「対人が強いし、サボらない。今日なんか見ていても、俺はサボろうかなと思うところでも、慶はしっかりと頑張る」と称賛していた。
 
 内田は「チームも勝っているし、(メンバーを)そんなに大きく変える必要はないと思う」と持論を述べる。自身の気持ちについて聞けば、「出たいよ」と正直に話してくれた一方で、「出たいけど、俺は別に若手ではないから。試合に出たい、このままではダメだ、とは思わない」と、余計な焦りはないようだ。
 
 それは、必ず自分が必要とされる時が来ることや、その時が来たらチームの力になれることを信じて疑わないからだ。

「俺が出る時は、タイトルがかかっていたり、ちょっと負けた時かな」

 そう予測している内田は、味方の負傷離脱なども想定してスタンバイしつつ、出番が回ってきた時の心構えについて、独特の表現で次のように語る。
 
「“次に代わりで入ってくる選手”、って思わないこと。自分は試合に出て当然だ、と。そういう選手が結果を残すべき」

 今は控えかもしれないが、戦闘モードには入っている。自分は“代わり”ではない。ベンチにいながらも、レギュラーとしてのプライドを持つ。連戦が続くチームの一員であればそうあるべきだ、ということなのだろう。今の鹿島に「サブの選手はいない」とも言う。そんな選手の集まりが、4冠(J1リーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、ACL)という偉業を達成する唯一のチームだと考えているのかもしれない。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【鹿島 PHOTO】ホームで快勝した鹿島。首位FC東京との勝ち点差はついに1

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ