【鹿島】内田篤人の見せ場はこれから。「大事な試合でプレーできないとは思っていない」

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年09月02日

クローザー役なら「ゆっくりスローインするだけなんで」

清水戦で久々にJリーグのピッチに立った内田は、「まだまだ練習も様子を見ながらやることもある」。“完全復活”に向けて慎重にコンディションを整えている。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ第25節]清水0-4鹿島/9月1日/アイスタ
 
 4-0の完封勝利を収めた敵地での清水戦で、鹿島の右SBでは計3人がプレーした。先発した伊東幸敏は70分に永木亮太と交代。さらに85分、その時点では右サイドハーフでプレーしていた名古新太郎に代わって内田篤人がピッチに立つ。永木がひとつ前に上がり、空いた右SBに内田が入った。
 
 右SBは選択肢が豊富であると同時に、熾烈なレギュラー争いが繰り広げられているかと思ったが、内田は「レギュラー争いっていう感じはないかな」と語り、こう続ける。
 
「ユキ(伊東)が出たり、俺が出たり、(小泉)慶もいるし、亮太もできる。誰が出ても、レベルは同じ。タイプが違うぐらいかな」
 
 このポジションで最も実績があり、経験値の高い内田は「アドバイスもするし、聞かれることもたくさんある」という。ただ、明確な序列はないのだろう。対戦相手や試合状況、疲労度などが考慮されながら、選手を入れ替えて、連戦が続く過密日程を乗り切る。
 
 そうした現状で、内田は「そこに食い込むためには、やっぱり自分のコンディション次第」と考えている。まだ状態は100パーセントではないようで、何よりも怪我をしないように、トレーニングでも極力リスクを伴わない調整を続けている。とにかく負傷離脱だけは避けたい。「ここっていう時に、いたいからね、どうしても」と言葉に力をこめる。
 

 もっとも、揺るぎない自信はある。「大事な試合でプレーできないとは思っていない」し、「急に90分行けと言われればできる」。たとえ、清水戦のようなクローザー的な使われ方でも受け入れる。「ゲームを締めてほしいと求められれば、まあ、ゆっくりスローインするだけなんで」と冗談めかして言う。
 
「やれ、と言われた時にやる」。問題なく身体が動けるようになれば「チームの助けにはなると思う」。リーグ戦、ACL、ルヴァンカップ、天皇杯。タイトルを義務付けられた常勝軍団で、覚悟を持って戦う「キャプテン内田篤人」の見せ場はこれからだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【内田篤人PHOTO】今季から主将を務める内田が鹿島を高みへ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ