長友佑都も認める「経験したことのない」過酷な環境。ミャンマー戦勝利の鍵は“割り切ったサッカー”

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年09月10日

「理想と現実の幅を持たせたい」

ミャンマー戦へ意気込みを語った長友。チームを勝利に導けるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 9月10日、日本代表(FIFAランキング33位)はカタール・ワールドカップ2次予選の初戦、ミャンマー戦(FIFAランキング135位)を敵地のトゥウンナ・スタジアムで迎える。キックオフは現地時間18時50分(日本時間21時20分)の予定だ。
 
 大事なワールドカップ予選の初陣で、白星スタートを切りたい森保ジャパンだが、突然のスコール、高温多湿の気候、ピッチコンディションなど、アウェーの環境に苦しめられそうだ。その点は経験豊富な長友佑都も「なかなか難しいコンディション、経験したことのないものだと思います」と認める。
 
 だからこそベテランSBはシンプルなサッカーが必要だと提唱する。
 
「芝の状態を含めてどういうサッカーをするのか。つなぐだけでなく割り切ったサッカーをするのか。早めにクロスを上げるとか、攻撃の幅を広げないと厳しいかなと思います」
 
 また理想と現実のバランスも考えなくてはいけないと続ける。
 
「特に後ろには経験のある選手がいます。若い頃は理想ばかりを追い求めて上手くいかなかった経験もしていて、それはブラジル・ワールドカップもそうですし、予選でもそういうことはあった。後ろの経験のある選手がその理想と現実の幅を持たせる。あとはどこでその幅を設計するか。僕らが中心になってやっていきたいです」
 
 そして最も重要だと考えている点に「精神面、メンタルコントロール」を挙げる。
 
 長友は定位置の左SBでの先発が濃厚。率先してチームを鼓舞する覚悟だ。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)


【日本代表 前日練習PHOTO】熾烈なスタメン争いを勝ち抜くのは誰だ!?明日に迫った二次予選初戦に向け、雨の中トレーニングを実施!

【日本代表笑顔PHOTO】練習前にリラックスした表情を見せた選手を一挙公開!
 
【関連記事】
ミャンマーは日本戦へ弱気?現地記者に訊いたチーム状況と予想スコア
【日本代表】現地メディアからも注目の的。久保建英のミャンマー戦出場はあるのか
【ミャンマー戦|展望】注意すべきは相手の素早いアタッカー陣。厳しい環境も日本は“王道メンバー”で押し切れるか?
【ミャンマー戦のスタメン予想】焦点は橋本と遠藤が争うボランチ。久保の先発起用の可能性は…
高温多湿にスコール…W杯予選初戦の開催地ミャンマーで日本代表を苦しめそうな3つの不安要素

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ