「日本のとても速い10番が…」パラグアイの智将は森保ジャパンの攻撃に賛辞! 久保建英への印象は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月06日

「日本がすべての面で我々を上回っていた」

長距離移動による疲労で苦戦を強いられた漏らしつつも、ベリッソ監督は日本代表の出来を手放しで称えた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 森保ジャパンが南米の難敵を打ち破った。

 9月5日、カシマスタジアムで行なわれたキリンチャレンジカップでパラグアイ代表を迎え撃った日本代表は、2-0で勝利。23分に大迫勇也のゴールで先手を取ると、その7分後に中島翔哉を起点としたパスから南野拓実が決めてリードを広げる。迎えた後半は得点こそなかったものの、パラグアイの反撃を危なげなく凌いでみせた。

 意気上がる日の丸戦士たちの後塵を拝したパラグアイ代表。2019年2月の就任以来、チームに組織立った守備を植え付けたのがエドゥアルド・ベリッソ監督だ。今夏にブラジルで行なわれたコパ・アメリカでチームをベスト8進出に導いたアルゼンチン人指揮官は、日本戦をこう振り返っている。

「今日はフィジカル面で日本と互角に渡り合えなかった。とくに1対1での日本のスピード、ふたりのFW、そして左サイドハーフの守備に苦戦をした。後半は秩序が乱れることなく戦えたと思うが、いずれにしても今日は、すべての面で日本が我々を上回っていた」

 過去にセルタやセビージャなどのラ・リーガで采配を振るった経験を持つ智将は、「長距離の移動が影響したのはあるが、日本は勝利にふさわしいチームだった」としたうえで、森保ジャパンのナンバー10を称えた。

「2-0という点差と内容はマッチしていたし、その点差はもっと開いていてもおかしくはなかった。とても速い10番のナカジマから縦の動きを利用した攻撃が生まれ、それに対して、我々は苦戦を余儀なくされた」

 さらに49歳の指揮官は、後半開始と同時にピッチに立った久保建英についてもインプレッションを明かした。こちらは「相手の守備を崩すようなプレーを得意とする選手だ。後半には何度も良いチャンスを創り出していたと思う」と評している。

取材・文●羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

【日本代表PHOTO】南米強豪パラグアイに2得点の快勝!試合の写真ギャラリーはこちら!

【PHOTO】日本×パラグアイ戦を盛り上げたサポーターたち!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ