インテリスタから脅迫を受けたイカルディ、移籍市場最終日にパリSGへ? 伊メディアは「合意間近」とも

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月02日

クラブとの関係が破綻した元主将にサポーターは?

コンテ新体制の下では完全に蚊帳の外に置かれているイカルディ。そうした状況にあってクラブとの関係性は悪化の一途を辿っている。 (C) Getty Images

画像を見る

 インテルとの関係が完全に破綻してしまったマウロ・イカルディに対し、一部のファンは、暴走を始めている。

 先日、去就が取りざたされるなかで、戦術練習復帰と損害賠償を求めてクラブを訴えたイカルディ。元キャプテンとその妻であり、代理人を務めるワンダ・ナラの一手は、少なくないインテリスタの逆鱗に触れた。

 現地時間9月1日に複数メディアが報じたところによると、イカルディの家の前には、「もううんざりだ。ミラノは小さいぞ」と書かれた横断幕が掲げられた。このバナーのアルファベットの「O」の文字がすべて射撃の標的のように描かれており、脅しであることは疑いがない。

 もちろん、脅迫は許されない行為だ。一方で、インテル・サポーターの心がイカルディから離れつつあるのも確かだろう。当面の解決策は、やはり移籍ということになる。

 欧州移籍市場のクローズが目前に迫るなかで注目されているのが、キリアン・エムバペやエディンソン・カバーニが負傷したパリ・サンジェルマンへの移籍だ。

 イタリア『Sport Mediaset』によると、ワンダ・ナラは1日の番組で、一部で噂された母国の名門ボカ・ジュニオルス移籍の可能性を否定したうえで、関心を寄せているクラブが「欧州では2つある」と明かした。

 さらに、ワンダ・ナラは「仕事」を理由に、番組途中でスタジオを退席したとのこと。これについて、『Sport Mediaset』は、「パリSGとの交渉のため」と伝えている。

 イカルディはインテルとの契約を1年延長したうえで、パリSGにレンタル移籍するかが注目されている。買い取りオプションがつくかは不明だ。『Sport Mediaset』は、インテルのジュゼッペ・マロッタCEOとパリSGのレオナルドSDが合意に近づいていると報じた。

 これまで、ユベントス以外の移籍先を受け入れないと言われていたイカルディだが、記事では「国外での新たな冒険に乗り出すことを確信している」とされている。

 マーケットの最終日に、ビッグディールは成立するのか。タイムリミットまで目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ