【天皇杯】決勝は、G大阪と山形の対戦に!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年11月26日

山形はクラブ史上初の決勝!

千葉とのJ2対決を制した山形が、初の決勝進出。昇格プレーオフに向けても弾みとなったか。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 天皇杯は11月26日に準決勝の2試合が行なわれ、G大阪と山形が決勝へと駒を進めた。
 
 4日前に浦和との頂上決戦を制し、3冠の可能性を残すG大阪は、宇佐美とパトリックの2トップが計4ゴールと爆発。J1の残留争いに巻き込まれている清水を5-2で退けた。G大阪は、準優勝した2012年度大会以来の決勝進出で、2009年度大会以来の優勝を目指す。
 
 J2対決となった千葉対山形は、ともにJ1昇格プレーオフに進出した同士の対戦に。4日後にプレーオフ準決勝・磐田戦を控える山形が、二度のリードを追い付かれながらも、最後は山田のゴールで突き放し、3-2で勝利。クラブ史上初の決勝進出を決めた。
 
 決勝は、12月13日(土)に日産スタジアムで14時キックオフの予定。
 
天皇杯準決勝の結果
 
G大阪 5-2 清水
[得点者]
G大阪=宇佐美(9分、72分)、パトリック(14分、37分)、リンス(85分)
清水=加賀美(20分)、高木善(24分)
 
千葉 2-3 山形
[得点者]
千葉=竹内(23分)、谷澤(54分)
山形=山崎(2分)、キム・ボムヨン(33分)、山田(71分)
 
【天皇杯 決勝】
12/13(土)G大阪 対 山形(日産スタジアム 14:00)
【関連記事】
【天皇杯】ベスト4が決定!! J2勢の決勝進出も確定
【J2終盤戦のシナリオ|山形編】クラブ史上初の天皇杯4強進出も決め士気は高まる
【J1終盤戦のシナリオ|G大阪編】タイトルの行方を左右する大一番を2連勝で迎えたい
【天皇杯】準々決勝の組み合わせが決定! 山形対北九州のJ2対決も
J2から北九州、山形、千葉がベスト8へ!! 天皇杯における「番狂わせ」の理由とその歴史

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 今年も決定版が完成!
    2月15日発売
    2023年シーズン
    Jリーグ選手名鑑
    全60クラブを完全収録
    ハンディ版も好評発売中!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ再始動!
    3月23日発売
    欧州組集結でどう変わる!?
    新生日本代表
    ニューガイドブック
    Jクラブ戦術“魅力度”ランクも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 2026年W杯へリスタート!
    3月16日発売
    3年後への新たな戦い
    FIFAランク
    上位100か国
    最新スカウティングレポート
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ