ジャーメイン良はなぜ「居心地が悪い」左サイドハーフに配置されたのか?

カテゴリ:Jリーグ

古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)

2019年08月25日

左サイドハーフは「仙台に入って初めて」

ジャーメイン良は今後、サイドハーフとしても活躍できるか。写真:早草紀子

画像を見る

[J1リーグ24節]仙台1-1湘南/8月24日(土)/ユアスタ
 
 ベガルタ仙台はドローに終わった湘南ベルマーレ戦で、4-4-2の布陣を採用したが、試合前は3バックと予想されていた。なぜなら左サイドハーフを務めることが多かった関口訓充が川崎戦で左ほほの骨折で全治6週間と診断され、石原崇兆も右足の怪我が癒えたばかりで本調子ではなかった。左サイドハーフの適任者がおらず、なおかつ前節は3-5-2で戦っていたからだ
 
 しかし、始まってみれば4-4-2。”本職が不在”の左サイドハーフはジャーメイン良が務めた。
 
 ジャーメインはプロ2年目の24歳。主戦場はFWで、左サイドハーフは「仙台に入って初めて」だったという。本人の言葉通り、不慣れなポジションで迷いながらプレーしている印象だったが、時間が経つにつれフィットし、スピードやドリブルといった特長を出して存在感を発揮。63分に交代するまでクロスやシュートで相手ゴールを脅かし続けた。
 
 渡邉晋監督はジャーメインを左サイドハーフに配置することは「(本人は)たぶん居心地が悪い」と前置きをしたうえで起用の意図をこう明かしてくれた。
 
「いまは(右サイドハーフの)道渕(諒平)も調子が良いですから、組み合わせを考えたときに、まずは今日のゲームを考えればシンプルに背後を取りたい。(前から)来てくれる相手の背中を取るには、やはりジャメ(ジャーメイン)を走らせた方が良いだろうということで左に置きました」
 
 トレーニングでは右サイドハーフをこなすこともあったが、試合では左。右の道渕が好調ということも影響し、チーム全体のバランスを考えたうえでの起用法だった。
 
 渡邉監督は「ランニングで背中を取って相手のボックスに迫るシーンは、前後半を通じていくつもあった」と評価した一方で、「あれだけ抜け出したのにクロスが合わないとか、フリーで上げているのにノーチャンスになってしまうというのは本当に技術的な部分。そういうところは去年も向き合って一生懸命トレーニングをしてくれていたので、また今日のゲームで感じたものをしっかりと反省して、今度こそアシストやゴールに結びつけてくれれば、我々の良いオプションになる」と今後に期待を込めた。
 
 もっともジャーメイン本人も最後の場面で「クロスというプレーの精度については、まだまだ足りなかったと思います」と課題を自覚していた。
 
「昨日、クニさん(関口)から連絡をもらって、とにかくクニさんのぶんも走ろうと思ってゲームに入りました」(ジャーメイン)
 
 左足部の疲労骨折および左足首関節内の骨のはさみ込みから復活した24歳のFWは、サイドハーフとしても活躍できるか。残留争いから抜け出すためにも仙台の勝利に貢献したい。

取材・文●古沢侑大(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ