「2~3年で辞めるかも」「やりたいと思うことは…」クロップが監督生活からの引退を示唆!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月21日

熱血漢が語った未来像

昨シーズンは自身の悲願でもあったビッグイヤーを手にしたクロップが引退の可能性を口にした。 (C) Getty Images

画像を見る

 リバプールの熱血漢が自身の将来を展望した。

 現地時間8月20日、ドイツ紙『Bild』の取材に応じたリバプールのドイツ人指揮官ユルゲン・クロップが、今後2~3年のうちに監督生活に幕を下ろす可能性があること明かした。

 2001年2月にマインツで指導者としてのキャリアをスタートさせたクロップは、後に代名詞となる“ゲーゲンプレス”をチームに浸透させ、当時2部に甘んじていた小規模クラブの1部昇格に貢献。その後、08年7月から就任したドルトムントでは、その類稀な人心掌握術でトップレベルの選手を巧みに操り、ブンデスリーガの連覇(10-11、11-12)とDFBカップ(11-12)をもたらした。

 15年10月にリバプールの指揮官となったクロップは、瞬く間にアグレッシブなスタイルを定着させ、就任3年目を迎えた昨シーズンは、プレミアリーグで王者マンチェスター・シティと最終節までもつれ込む優勝争いを展開(最終順位は2位)。そして、2年連続でファイナルに進出したチャンピオンズ・リーグではトッテナムを撃破して欧州制覇を成し遂げた。

 リバプールに来て4年目のシーズンを迎えた52歳の熱血漢の脳裏には、早くも「引退」の二文字が見え始めているという。

『Bild』が選ぶ昨シーズンの最優秀監督賞に輝いたクロップは、その受賞の式典において、「私はこの先もいまのように続けていきたいと思っている」と前置きしたうえで、次のように未来像を語った。

「続けたいが、2~3年が経った時に何が起こるかはわからない。もしかしたら、引退しているかもしれない。必ずしもそれが起こるという意味ではないが、もし、そうなっても驚かないでほしい」

 さらにクロップは、今後のキャリアで“やりたいこと”も明かしている。

「私がこの先、やりたいと思うのは、ドイツ代表監督、バイエルンの監督、ドルトムントへの再任、そしてリバプールでキャリアを終えることだね。ただ、とくに深くは考えていないよ。私自身、何をするかはわかってないのさ」

 その熱さでサッカー界を大いに盛り上げているクロップは、どこまでキャリアを続けるのだろうか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ