【決着の時は来た――J1残留争い】当該5チームの生き残りを賭けた第32節を展望

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年11月21日

崖っぷちに追い詰められたC大阪に求められるのはがむしゃらさ。

C大阪はとにかく勝つのみ。形にこだわらず、遮二無二ゴールを奪い、守ることだ。残留争いライバルとの対戦で、良い意味で開き直った戦いができるか。写真は26節の浦和戦(1-0で勝利)。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 今節を含め、いよいよ残り3節となったJ1。いよいよ後がなくなったC大阪はもちろん、他の残留争いのライバルたちもこの極限の状況から一刻も早く抜け出すべく、勝利だけを狙っている。
 
 決着の時が近づいてきたサバイバル合戦。当該各チームの現状を知るとともに、週末の戦いを展望しよう。
 
13位 ヴァンフォーレ甲府
勝点36 8勝12分11敗 25得点・31失点 得失差-6
 
対広島(H)/14:00/中銀スタ
前回対戦:△1-1(得点者=クリスティアーノ)
 
 懸念されてきた前線3枚(1トップ+2シャドー)の連係が向上されつつあるのは好材料で、自慢の堅守もまずまずと、ムードは悪くない。
 
 また、前節のC大阪戦後、「前節の川崎戦で、今季初めて逆転(勝利)したことにより生まれた自信が、落ち着いてゲームを運ぶことができた原因」(GK荻)と語っているように、先制されても粘り強く戦い勝利を呼び込めるようになったのは、ポジティブに捉えられそうだ。
 
 対戦相手は広島。タイトル争いから脱落したとはいえ、戦術、選手個々の質で、敵に分があるのは明らか。勝点3への牙城は高いが、この試合に懸けるモチベーションの差を利して、残留への地歩を固めたい。
 
14位 ベガルタ仙台
勝点34 8勝10分13敗 30得点・44失点 得失差-14
 
対C大阪(H)/17:00/ユアスタ
前回対戦:○1-0(得点者=梁)
 
 直近3試合は白星がないが、前節のG大阪戦は終了間際に柳沢のゴールで追いつき土壇場で貴重な勝点1を獲得した。
 
 戦力的にはウイルソンが左膝の怪我から復帰するなど、残り試合に向けてポジティブな要素は少なくない。

 C大阪には、リーグ戦では09年7月の対戦から負けなしと相性は滅法良い。残留争いの直接のライバルだけに、ここで確実に勝利を収めたい。

15位 清水エスパルス
勝点34 10勝4分17敗 39得点・55失点 得失差-16

対名古屋(H)/17:00/アイスタ
前回対戦:○3-2(得点者=高木俊、平岡、ノヴァコヴィッチ)

 ここ最近の練習試合では攻撃陣の調子が良く、チーム内にもポジティブな雰囲気が生まれている。

 六平と竹内のインサイドハーフ2人は特にキレを見せており、名古屋戦でも彼らの裏を取る動きが鍵を握りそうだ。また、29節、31節と立て続けに途中出場で大仕事を果たした村田も、チーム内で確固たる地位を得ている。

 一方で、気がかりなのが守備陣だ。練習ではブロックを作ってからのプレッシングなどに時間が割かれたが、いまだ修正段階。名古屋はセットプレーを得意としているだけに、そちらの対応も突き詰めていきたいところだ。

16位 大宮アルディージャ
勝点32 8勝8分15敗 40得点・56失点 得失差-16

対柏(H)/17:00/NACK
前回対戦:△2-2(得点者=高橋②)
 
 監督交代以降は好調を維持していたが、ここにきて守備に綻びが生じ、降格圏に再転落した。
 
 柏戦では中盤でフィルター役を担う金澤が復帰予定も、3-4-2-1を基本システムとするチームとの相性は良くなく、柏戦は苦戦が予想される。前回対戦も2シャドーと2ウイングバックに手を焼いて、内容では完敗だった。

 キーマンはボランチの金澤、そして菊地と高橋の2CBか。前節の広島戦の前半に見せた1トップ+2シャドーのケアを貫徹して耐え切れば、破壊力抜群の前線が得点を奪ってくれるはずだ。

17位 セレッソ大阪
勝点30 7勝9分15敗 32得点・39失点 得失差-7
 
対仙台(A)/17:00/ユアスタ
前回対戦:●0-1
 
 前節は残留争いのライバルである甲府相手に、先制しながらもミス絡みで3失点。今節、試合に敗れ、さらに清水、甲府が勝利した時点で降格が決定する。まさに崖っぷちの状況に追い込まれた。
 
 仙台戦ではまず点が欲しいところだが、同時に守備面での集中力を求めたい。自分たちのスタイルをかなぐり捨てでも1点を守る――、奇跡の残留を掴み取るにはそうしたがむしゃらな姿勢が必要だろう。
 
 11月19日時点でカカウが別メニュー調整を続け、扇原、フォルラン、杉本、キム・ソンジュンが累積警告3枚を受けているなど不安は尽きないが、まずは先のことを意識せず、仙台戦の勝利だけを考えたい。
【関連記事】
【J2】激しさと集中力で磐田を圧倒。急浮上の山形が最後に笑う?|磐田 0-2 山形
松本山雅で20チーム目――Jトップリーグ昇格で生まれたドラマと歴史
【ついに最終章へ――J1優勝争い】栄光の権利を有する上位5チームの第31節を展望
【天国か地獄か――J1残留争い】下位5チームの生き残りを賭けた第31節を展望する
【J1リーグ】優勝、残留争いの行方は――当該チームの動向を担当記者が分析

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年6月9日号
    5月26日発売
    川崎・鹿島・横浜
    「3強徹底比較」
    J1首位争いを抜け出すのは!?
    森保一×風間八宏対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ