【SBS杯】「ヨーロッパに行きたい」ベルギーU-18撃破の原動力となったペルー人DFノリエガ・エリックが目指す場所

カテゴリ:高校・ユース・その他

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2019年08月12日

目標とする選手はオランダ代表のファン・ダイク

25分にPKで先制ゴールを決めたノリエガ・エリック。写真:手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

画像を見る

 8月11日、SBS杯第3節、静岡ユース対U-18ベルギー代表の試合が静岡県の草薙陸上競技場で行なわれ、2-2で突入したPK戦を4-3で静岡ユースが制し、2勝1敗の3位で今大会を終えた。

 序盤からベルギーのスピードと高いテクニックに苦戦を強いられ、相手の猛攻を受ける場面が多いなか、身体を張ったボール奪取と、セットプレーなどの攻撃時には果敢にゴール前に飛び込み、高い打点からのヘッドでベルギーゴールを何度も脅かしたのが、ペルー人CBのノリエガ・エリックだ。
 
「いつも(CKの時は)仲間にスペースを空けてって言うんです。自分がフリーになれるように周りが動いてくれるんで、やりやすいです。良いボールも来ますしね。ベルギーっていったら強いイメージしかなくて、足が速いし、ヘディングも強いし、難しかったけど勝てて良かったです」
 
 そう試合を振り返るノリエガは、愛知県生まれの17歳。母国であるペルーに6歳の頃に移住し、3年前に日本に帰国。その後は高校3年間を清水エスパルスユースで過ごしている。

「来たときは分からないことだらけでしたけど、日本のサッカー、環境にもだんだん慣れてきました。ただ日本語はまだまだですけどね(笑)」

 今大会は静岡県の選抜チームのメンバーとして参戦。最終ラインをしっかりとまとめ上げ、25分にはチームに勢いをもたらす先制ゴールをPKで決めた。客席には親族が勢ぞろいし、力強い声援を送ってくれていたとノリエガは話す。
 
「お母さんといとこがいっぱい来てくれました。ほんとに嬉しかったです。ゴールを決めた瞬間も『ナイスエリック!!』って言ってくれました」
 
 ペルーから駆けつけてくれる家族のためにも、プロになりたい気持ちは誰にも負けない。目標とする選手はオランダ代表のファン・ダイクだ。
 
「大好きなんです! ヘディングが強いしロングパスも上手い。プレースタイルも自分に似ていると思う。CKがあったらいつも決めますし、いつもビデオを見ています。いつか一緒にプレーしたいです!」
 
 試合での落ち着きのある大人びたプレーとは反対に、無邪気な笑顔でそう話すノリエガの夢は、ヨーロッパでプレーすること。「3年ぐらいは日本でプレーを続けて、その後に…」そう明確に目標を話す姿を見ていると、いつの日か本当に実現するような気がしてくる。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ