釜本邦茂氏が、夏の札幌で小学生130名を熱血指導! 「KAMAMOTO Football Festival in 北海道」レポート

カテゴリ:PR

サッカーダイジェスト編集部

2019年08月14日

特別講師の吉原宏太氏と一緒に4時間のレッスン

会場は札幌サッカーアミューズメントパーク。130人の子どもたちとの集合写真。写真:金子拓弥(本誌写真部)

画像を見る

工業用シール剤、接着剤メーカーの株式会社スリーボンドが主催する「KAMAMOTO Football Festival」が、7月21日、札幌で開催された。サッカー界のレジェンド、釜本邦茂氏とコンサドー レ札幌でも活躍した吉原宏太氏が講師となり、集まった130名近くの子どもたちを4時間にわたって指導。その様子をレポートする。

 2017より年3回のペースで全国各地を回っている「KAMAMOTO Football
Festival」の本年度の2回目が、北海道の札幌で開催された。

 会場の札幌サッカーアミューズメントパークは、隣にコンサドーレ札幌の下部組織のサッカー場があり、さらに隣の市営コート2面を含めると、人工芝、天然芝含め計5面が集まる、地元のサッカーどころ。当日は天候にも恵まれ、およそ130人の子どもたちが集結した。

 開会式で、今回の特別講師に招かれた吉原宏太氏が「全国各地の子どもたちと触れ合っている釜本さんに札幌のパワーを印象付けましょう!」と子どもたちに気合を入れて、サッカー教室がスタートした。

 前半は低学年と高学年に分かれて、ウォーミングアップを兼ねた基礎練習。「現代サッカーには欠かせないもの」(釜本氏)として、今回はいつもよりドリブルを重点的に指導していた。

 後半はお待ちかね、ミニゲーム。過去取材してきた他の地域よりもバチバチした感じはなく、その日初めて会った子たちと楽しくサッカーをしている姿が印象的だった。この辺が北海道らしさなのかもしれない。

 最後は恒例のリフティング大会が行なわれ、各学年の優勝者には講師2人のサインが書かれたサッカーボールが手渡された。約4時間のプログラムは大盛況のまま、終了した。

 閉会式では、講師それぞれからメッセージが。釜本氏は練習中にも何度も伝えていた「正確にやること」「考えてプレーすること」の大切さを改めて話し、吉原氏は「リフティング大会でのボールタッチも、今日の練習会も、それから講師や仲間との出会いも1度きり。その機会を大切に思って行動しよう」と語った。

 この企画を通して元日本代表の講師から成長するためのヒントをたくさんもらったはず。それぞれが成長して、これからも北海道の子どもたちのパワーを見せつけてほしい!

 次回の「KAMAMOTO Football Festival」は10月に福岡で開催される。8月下旬より募集開始。

「子どもは元気やな~」とつぶやきながらも、それに負けないパワーで指導を続けた釜本氏。吉原氏はコンサの応援番組MCやスクールコーチも務める人気者で会場を盛り上げていた。写真:金子拓弥(本誌写真部)

画像を見る

【関連記事】
【釜本邦茂】レアル入りが決まった久保の進化に期待! W杯予選へ五輪世代の突き上げが楽しみだ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ