本田との「縦ライン」が生命線? 香川真司、インサイドハーフで生きる道

カテゴリ:日本代表

田嶋コウスケ

2014年11月15日

本田との距離が縮まり、相乗効果が。

「インサイドハーフの香川」は、まだまだ発展途上。本田との「縦ライン」がポイントとなりそうだ。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 自軍のスペースを埋め、味方のカバーリングにも走るインサイドハーフのポジションは、トップ下に比べると守備のタスクが格段に増える。左のインサイドハーフで先発した香川真司は、低い位置でのプレーを強いられた。
 
 それでも、自らの足でゴールを奪おうと必死にアップダウンを繰り返した。カウンターでは2列目から飛び出し、ペナルティーエリア付近まで顔を出す。
「後ろでさばいているだけの選手ではない」「前に行くプレーを失いたくない」との言葉通り、香川はフィニシュワークに絡もうと積極的に走り続けた。
 
 しかしながら、持ち味を発揮できたとは言い難い。岡崎、本田、武藤が並ぶ前線には走り込むスペースが限られ、得意のフリーランも限定的に。香川がエリア内に到着する前に、フィニィッシュワークを終えているケースが少なくなかった。
 
 ならばと、サイドチェンジやスルーパスで決定機を作り出そうとしたが、香川の個性はやはりファイナルサードでこそ輝く。パスの出し手としては機能しても、ポジションに制約されて、受け手としては物足りなさが残った。
 
 そんな課題を克服する手立てになりそうなのが、本田との縦のラインだ。試合中、右インサイドハーフの遠藤と何度かポジションチェンジをしたことで、右FWの本田との距離が縮まり、相乗効果が生まれたのだ。
 
 キープ力のある本田がボールを持つことで前線にタメが生まれ、香川が走り込む時間と余裕が生まれる。本田が中央に絞れば、香川が外側から追い抜く。その逆もまたしかり。パスの出し手にも受け手にもなれる本田から、香川がリターンパスを受けることでチャンスを作り出した。
 
 象徴的だったのが42分のプレーだ。ドリブルで中に切れ込んだ本田の右側を追い越した香川が、本田からパスを受け、エリア内に進入してシュート。左足のフィニッシュはわずかに枠外へ逸れたが、2人の連係から決定的なチャンスが生まれた。
 
 香川にとって、本田との「縦ライン」が生命線になりそうだ。
 
取材・文:田嶋康輔

【マッチレポート|日本 6-0 ホンジュラス】
 
【ゲームPHOTOギャラリー】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ